スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

続けることの大切さ

私にはかつてその分野ではいちよ大手といわれるサイトを運営していた時期がありました。
HPをつくりはじめた頃は全くの初心者で本を見たりソフトを使ったりして非常にかっこ悪いながらもなんとかつくっていました。
諸事情から途中からID制にしたのですが、それでもなんとか一ヶ月で1万以上のアクセスを得ることができて毎日更新に追われて大変でした。
しかし規模が大きくなればそれだけいろんな人が集まって、内部で揉めることも多々。周りからの妨害もあったりして、何度も閉鎖に追い込み、そのたびに回りに励まされ慰められ、何度も大きな波に立ち向かいながら続けることができました。

でも、正直最初の1、2年間はHPを運営するのがつらかったです。

なんで私のHPなのに他人にとやかく言われるんだろう、何で勝手に揉め事作るのだろう。何かあると最後には管理人が悪いと言われ、中傷メールを貰い、何のためにHPを運営しているかの意味を失いました。
また、毎日何百人ものアクセスがあっても全く反応がなかったりすると、そのたびにHPを作っている意味をまた失い。

でも、ある日ふと気付いたのです。

このHPは私のサイトであって、もう私のサイトではないという事を。

これだけ大きくなってしまいいろんな人がみて、いろんな人が情報をくれたり書き込んでくれたり、メールをくれて、ここで友達が出来たという人もたくさんいて。
ああ、もうこのサイトはもうみんなのものなのだなって思ったときがあったのです。ここに集まってくれるみんなのものだと気付いたのです。

その時に私の個人の思いだけで勝手にサイトを閉じることはできないんだなって思いました。
そこからはすごくHP運営が楽になった覚えがあります。

結論から言うと、そのサイトはもうありません。
正確にいえば100分の1ぐらいに縮小されて今でも存在はしています。
HPが嫌になったからではなく、そのサイトの特色であったことに関して私自身が興味を失ったからという単純な理由です。

いろんなことがあったけれどHPを作ることは今でも楽しいです。
大好きです。
そのHPを運営していた数年の間に、たくさんの人に出会え、たくさんの楽しい想い出をいっぱい貰いました。

私にとっては今は小さくなってしまったけれど宝物のサイトです。

サイトを作りたい、逆にサイトを閉じたいという相談を受けることが時々ありますが、大抵いつも同じ答えを返しています。

「続けることが大事です。HPは自分への記録です」
スポンサーサイト
2004-09-26 : : コメント : 0 :

先生、これが生きる秘訣です。

明日はライブ。
久しぶりのライブである。

20台半ばから後半にかけて、私の生活は「ライブ中心」でありました。
数的にはそんなに多くない…はず。
ただし幅は広い。日本全国いけるところは出来るだけ行ってました。
その名も「スマツアー」

私はSMAPファンである。
もうかれこれ好きになって10年以上経ってしまいましたが、ライブに行き始めてからは中毒のように行き続けその資金を集めるために働いていたといっても過言ではない。
とにかく日本でたぶん一番チケットが取りにくく(ファンクラブに入っていても全くとれやしない)、日本で一番ダフで高く売買されているであろう(私は手を出さないが)そんなライブに最近ではなってしまっています。

何がたまらんってあの一体感がたまらん!!
とにかく飛んではねて騒いで叫んで歌って弾けて踊って踊って踊って叫んで〜。
HPを作っていたおかげもあって日本全国にいっぱい友達も出来て終わったらライブ中もライブ後も全力疾走で遊んでました。
スマライブは短くて3時間。長いと4時間近くあります。正直体力はものすごーく使う。もう死んじゃうんじゃないかと思うぐらいに(笑)
でもそれがたまらないのです。

最近はハコも大きくて一体感を感じなくなったので、他のアーティストに走ってましたが(こいつらのライブも終わったら立てないです)、スマライブはこれからも行きつづけるのだろうな。


で、「10年経ってもあまり症状変わらないね。なんでだろ?」と先生も首をひねる私の症状は、私はこのライブのおかげだと思っている。
ライブで私は基礎体力作りをしているのである。
ライブは生きがいだったのである。

明日はライブ。
大介ライブ。
誰、それ???
私のパソコンを始めるきっかけとなった師匠です。
2004-09-23 : 生活 : コメント : 0 :

還暦。

明日は母の誕生日。
明日で還暦である。

私の父は私が8歳の時になくなりました。
今思えば私と同じ病気でした。でもそれがわかったのは死んでからのことだとおもいます。
大動脈瘤破裂で倒れる直前まで普通に元気でしたが、唯一気になっていたのは目の異常が出ていたそうです。あともうひとつあったような…。なにせ、私にはほとんど父の記憶もないので、それらの情報は後から聞いたものです。
今もやはり母に聞きにくくて、いまだに父親の病気のことは聞いたことがない。

きっと今の医療ならば体型的にも死ぬ直前の症状的にもMarfanであることは間違いなかったでしょう。
もしかして今でも生きていたかも。

子供の頃よりも、今のほうが「父親が生きていてくれたら」と思うことが多い。子供のことは母がいたし、母ががんばっていたから、寂しいとか他の家族と違うとか考えなかったけれど、なぜか今はとても父親が恋しい。

亡くなって24年。
がんばってきた母も退職し、毎日孫と戯れています。
私には孫を与えることができないかもしれない。
もしかしたら母よりも長生きできないかもしれない(どっちかというと私は母がいないと生きていけないので母より早く死にたい)

そんな娘だけれど、口には絶対に言わないけれど、

「お誕生日おめでとう。ずっと長生きして下さい」
2004-09-21 : : コメント : 0 :

遺書

時々ふと思うことがある。
遺言は書くべきだろうか?

別に病気を持っているから思うわけではない。いや、それもあるからな。突然死もありえない病気ではないのでいつも心のどこかではある程度の覚悟は出来ています。
そうでなくても人は必ず死ぬものであり、それはいつなのか誰にも全く分からない。
そのときがきた時に、伝えるべきことを伝えたかったことを何かに残す必要があるのではないかとずいぶん前から考えています。

遺言というと大げさすぎるけれで「手紙」って感じなら分かりやすいかな。

でも、いざとなると怖くて書けないものなんだよね。
なんだか書いたら次の日に死んでしまいそうでちょっと怖い。
あと、思うのがもし自分が今死んでもうちの親なんて、私の交友関係全然しらないんだよね。
ちゃんと友達には連絡してくれるかな?
ちゃんと私の親友知ってる?
そういうのが気になると、「死んだときに連絡して欲しいリスト」なんてのも書きたくなる。
でも、やっぱり怖い。
書いたら次の日に死んでしまいそうでちょっと怖い。

そんなこんなで、私の中では遺書がまだ書けない。

結論としてはやっぱ書けない気がするね。
書けないってことは、結構開き直っているつもりでもまだ私は死にたくないらしい。
2004-09-18 : : コメント : 0 :

誰かこの朝を受け止めて

CMグランプリに『ネスレ』が選ばれました。
私もこのCMを始めてみたときは、はっとしてすぐにネットでその詩を調べました。

谷川俊太郎の「朝のリレー」。


この地球では いつもどこかで朝がはじまっている
ぼくらは朝をリレーするのだ 経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ


詩の一部を引用させてもらいましたが、必ず朝は来ると信じたいです。
いろんなことがあって混迷しているけれどきっとまぶしい朝は来るはず。
でも朝が来ない人もいる。
大人たちの勝手な生き方のせいで失った二つの命のニュースを見て本当に憤りを感じた。
この事件だけでなく、来るべきはずの朝を奪う権利が奪う人達を許せない。

どんなに地球が回ってもこの子達に朝は来ない。
大人たちの争いに巻き込まれた世界中の子供たちにも朝は来ない。





だけど、誰か受け取って欲しい。 私が送るこの朝を。
2004-09-17 : : コメント : 0 :

強行スケジュールに完敗




北海道はとても素敵なところでした。
どこをとっても道外からきた人間にとっては絵になるシーンばかりで、一体いつシャッターを切ったらいいものなのかマジで考えたよ。ここも、ここもだーー!と思っていると時間もないし、枚数もなくなるし。
ただ、美瑛に行って思ったのは意外と「○○の木」とか「○○の丘」って名づけられたところよりもその辺の木や丘の方がよっぽど綺麗だったりしました。
わざわざ一生懸命探す必要はないような…。それも旅行だったりするんだけれどね。

前日からなぜかめっちゃ首がいたくてそのせいか頭も痛くて。これはダメだ!と思い、今回は温泉宿に泊まる機会もあったので、必ず朝と晩と二回お風呂に入りました。朝は、眠くて辛かったけれどがんばったよー!
おかげでなんとかクリアできてよかったです。

しかし、夕方5時に到着してまずは富良野に、次の日は網走、そして帯広、最後は札幌に宿泊とかなりひとつひとつが遠く、しかもあれもみたい、これもみたいで、時間が足りなかった!体力的にはかーーなりきつかった。
しかも今日は仕事に行ったらたんまり残っていた(><)

とりあえず無事に全工程を終えてほっとしてます。
2004-09-14 : 生活 : コメント : 0 :

あの空を求めて

明日から5日間の北海道旅行に行って参ります!

北海道に行くのは2年ぶりぐらい?SMAPの札幌ライブを見に行くために行ったのですが、ライブも楽しく食べるものも美味しくていい思い出いっぱいです。
その前に行ったのが10年ぐらい前かな。大学時代に友達3人と6日間かけて道内を回りました。この時も、初めてみる景色に圧巻されて北海道のすばらしさを感じたものです。

今回は小学校からの幼馴染との二人旅です。二人で全国いっぱいライブを駆け巡ってきたけれど、実はちゃんとした旅行に行くのは『初』であります。とりあえず気心知れているので非常に楽な旅行です。喋んなくても全然平気だし、疲れたらすぐに気をつけてくれるし。音楽の趣味も一緒なんで、CDをいーーっぱい持っていきます。

それでは、行って参ります。
2004-09-08 : 生活 : コメント : 0 :

私を泣かせる風よ。

またしても台風です〜!
地震に台風とめまぐるしく気候が変わって、木曜日から旅行に旅立つ私としてはハラハラしちゃいます。出来ることならこのまま台風一過で晴れてくれ!
今日はこの台風のおかげで前から楽しみにしていた「石風呂」に行けなくなった。前回も用事があっていけなく、今回こそはと思っていたのに。しかし心臓病の私が石風呂に入って大丈夫なのか心配ではあるが…
しかし、大量の汗と気持ち良さを聞いてしまうとやはり美容を気にする年頃としては行ってみたくなるものです。
そういば1週間前の台風では友達とケーキを食べに行く予定が潰れたし。
台風のやろーーー!!

朝から晩まで脈が飛びっぱなしで、この間の検査結果からも今の不整脈の薬があまり効いてないようだったので、薬を変えました。1週間使ってみて割と調子がいいので本格的に変えてみます。
ちょっと最近眩暈がして落ち着かない感じですが、不整脈だけでもなくなると気分的にも楽になるな。
2004-09-07 : 生活 : コメント : 0 :

食べることは生きること

学生当時まではものすごい小食で大人になってしばらくもほとんど食に対して興味がありませんでした。
痩せていて背が高くてそういう自分がすごくイヤだったけれど、別に無理して食べていないわけじゃなく、本当に食べれなかったり食べたいという気持ちも全く分からなかったです。
それがいつの頃からか「食べることはとても楽しいこと」だと気付きました。以前働いていた同僚達がとっても食べることが好きで美味しいお店にいろいろと連れて行ってくれたり作ってくれたりととにかく「食」に対する話題が豊富で、美味しいものを食べることはとっても幸せなことだと感じ始めた瞬間から、小食はなくなってしまいました。
昔はよく「痩せてるよね!」とよく言われましたが、最近は聞かないな(笑)嬉しいような寂しいような(-_-;)
そんなこんなで私は外食が好きです。美味しいものをみんなでワイワイ食べるのが好きです。お酒も好きです。しかし、最近ちょっと続きすぎているので控えねばならぬのも事実です。
2004-09-05 : 生活 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。