スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ココロの病、カラダの病

私には心に病を持った友達がいます。
心に病という言い方はあまり良い言い方ではないのかもしれませんね。
「強迫神経症」という病気から始まって今は鬱を患い、薬に頼りながらも一生懸命働いています。

私には正直彼女の気持ちは全く分かりません。
私は基本的に超楽観主義な人なので彼女とは考え方が全く違うし、なぜこういうことに悩むのかなとひとつひとつが理解できないのです。
だからといって否定するつもりはないし、だからこその聞き役になれるのだろうなと思います。こういうのって同じ性質の人とは確かに痛みを感じあえるけれど私はくっつくべきではないと思うのですよ。
マイナスの時の人間って確かにマイナスの人を求めてしまって、自分と同じ境遇の人と分かち合おうとするけれど、分かち合いは出来ても、一緒に浮上はできないのです。
二人してどんどん深みに嵌っていくだけで・・・

すべては理解できないけれど、でも「自分の中になにかひとつ大きなものを背負っている」という意味では私たちは同志なのです。

就職も恋愛もちょっとしたひとつひとつも。
「普通」の人ならば、簡単に乗り越えられるものが、私にも彼女にも乗り越えることができないのです。

ちゃんと就職したいです。
自分の力を思い切り発揮したいです。
しかし、鬱を抱えた彼女にはひとつの仕事を長く続けるのはとても難しいことなのです。
同じように障害者認定を受けている私にもその壁は大きいのです。
普通に子供が産みたいです。
しかし、彼女も私も自分の病気を抱えて子供を産み育てる自信がないのです。


心の病気だったり私のような内臓疾患の患者は見た目からは「病気を持っている」というのはあまり分からないものです。
私の場合もほとんどの人が私自身が病気を持っていることは全く知らないし、知らないからこそ平気でいろんな事を言われることがあります(例えば結婚や子供のことであったり、なんでスポーツしないのとか、就職しないのだとか…)
こういう時に、とっても失礼だと思うけれど、ものすごく素直な気持ちとして手や足が不自由な人のほうが誰の目から見ても分かりやすいという点で、時々羨ましく思えてしまうことがある。
そういう不埒な事を考える自分も彼女は理解してくれて頷いてくれます。

なんだか何が言いたいのかよく分からなくなってきたけれど、とにかく私も幸せになりたい。
そして絶対に彼女にも幸せになって欲しい。
今は辛いけれど、きっとお互いにいい薬だったり治療法だったり、良い人に巡り合えてもっともっと楽に生きれるようになるといいね。

そう思うわけです。
二人でがんばろうね。
スポンサーサイト
2004-11-18 : : コメント : 0 :

カートでGOGO!!

友達のお誘いでレーシングカートをやってきました。
本格的なカートレースは初めてで最初のテスト運転はかなりドキドキものでアクセルも全然踏めずにダラダラ走行でしたが、何周か回るうちになんとかなくコツは分かってきたりしてかなり楽しかったです。もちろん男の人たちには全く敵わずどんどん抜いてくださいって感じでしたが(笑)腕の力がめっちゃいりまして、1周するだけでもすっごく疲れます。それを20周やったわけですから明日は確実に筋肉痛でしょう…。
周りの人たちの協力もあってなんとかチーム総合3位にも入れてお荷物にならなくて良かった。
レース場は私の住んでいる街からは少し離れたところにあったのですが、そこまでの道のりは紅葉がとてもとても綺麗でレースも楽しかったけれど今年初の素敵な紅葉が見られて非常にいい一日になった気がします。

しかし体力的にはかなりきつかった…。
今回は知らない人ばかりで甘えられなかったのでがんばって走行したけれどね。

でもこうやって普通の人と同じように楽しむことができる自分はとってもラッキーだと思う。私は自分の病気の事は生まれて30年近く付き合った来たのによく分かってなかったりする。
だからこそ自分と同じ病気を持つ人たちの患者会に入ったわけだけれど、最近は情報は知った方がいい時もあるし、知らなくてもいい事もあるのではと思うようになってきました。
知れば知るほど怖くていろんなことが出来なくなる。
以前は全く心配したことのない海外旅行も今はちょっと怖いし…。

だから、最近の私は「知ること」を少し辞めてしまったようです。

まだ、もっと、もう少しだけでも、今のままの自分を楽しみたいから。
2004-11-13 : 生活 : コメント : 0 :

酒とタバコと男と女。

ここ数日はいろんなストレスでちょっと参り気味でした。
仕事のストレス、人間関係のストレス、それ以外にもいろいろあったりでしたが、ここ数日は気の許せる友達とワイワイと食事したり飲みに行ったりすることで、また月曜日から気持ちを新たにできそうです。

私は結構お酒が好きです。
学生の頃はバケツのように飲んでたときもあった(笑)あの頃が懐かしいねぇ〜。でもお酒が好きじゃなくて、あの酔った感じの雰囲気が楽しかったから、ひとりでのみに行きたいなんて全く思ったこともなかったけれど、最近はひとりでぶらりと飲みに行きたいと思うこともあります。実際したことはないが…。
量じゃなくて、美味しい食べ物と美味しい酒をちびちびやりたい感じ。
なんか、年寄りくさいか!?
病気のことを考えたら酒は良くないと分かっているから、いちよもうヤバイと思う寸前ではやめていますが。これを飲んだら絶対やばくなる〜!っていうのは直感で分かるものです。
多少の二日酔いはあるものの、今のところ大丈夫そうなので、これからも飲みつづけたい(笑)
その代わりに、タバコはやめました。
これもたぶん病気がなかったらやめられなかったと思う。
やっぱ肺に負担がかかっているのって実感するときがあって、疲れたときの一服が美味しいけれどきっとそれはまずいんだろうなぁと思うからこそやめました。
元々ヘビーではなかったけれど、お酒を飲むと今でもすごく吸いたくなりますね。
でももう気胸は起こしたくないからなぁ。

さて、題名の「酒とタバコと男と女」ですが最後の「男と女」の話題はいずこに?

いえ、飲みに行ったら隣でワキャモノ(若者)たちば、コンパしていたのを見て、「恋がしたいーー!!」と思っただけです。
2004-11-07 : : コメント : 0 :

うぎゃうぎゃぐごぉぉ(怒)

何が何ってとにかくうぎゃうぎゃごごごごーーーって気持ちなのよ
人のごちゃごちゃ大嫌い。大嫌い。大嫌い〜!!

自分が人より上だと思うな。
人が自分より下だと思うな。
自分を上にして人を見下げるな。

自分の意志を一番だと思うな。
自分の力量を一番だと思うな。
自分の考えを一番だと思うな。

自分をアホだと思え。
自分をアホだと思った人間が勝ちなのだ。

自分がいなきゃ何もできないと思うな。
自分がいなきゃ人を救えないと思うな。

うごぐごぐおぐおぐごうーうぃーー!

…今の気持ち吐き出し中。
ただし諸事情により、これ以上はいえまへんが。

たまに吐き出さないと溜まるからね。
発散大事よ。

さて、寝たら忘れよ。
2004-11-01 : : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

10 | 2004/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。