スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ささやかなチャレンジ

昨日は姉がなぜか父の命日を1ヶ月間違えてお墓参りに帰ってきました。
ちなみにこの姉はどちらかというと天然ボケタイプです。
帰ってきたといっても、ほぼ毎月来てはいるんですけれどね。

昨日はとっても天気が良かったので、甥3人と姪1人を連れて近くの公園へ遊びに行きました。
実は6歳になる甥っこはまだ自転車に乗れないのです。
ちなみに5歳の甥っこは乗れます…

理由はいくつかあって、スポーツ派のパパが買ってきた自転車は小学校1年生には大きすぎるギアもついたちょっとカッコイイ感じの自転車なのですが、本格的すぎて重いし結構大きいのです。
その前に軽くて小さい自転車では乗れたこともあったんですが、それを機会に今の自転車に買い換えたら乗れなくなちゃって…
しかもスパルタのパパの指導に「もう二度と嫌だ!」とそれ以来に、自転車嫌いになってしまいました。

でもこのままでは友達とも遊べなくなるし、ただでさえ側弯のための器具をつけていたりと彼にはいろいろと試練が多いので、出来るだけ友達はたくさん作っていて欲しいのです。
私自身も、身体的なことでは確かによく苛められましたが、友達も割と多かったし、怖い友達もいたし(笑)、あと自分自身も叩かれたら3倍に返して叩き返すという性格だったせいか、何事もなく子供時代をすごすことが出来ました。

ちょっと話がずれましたが、とにかく叔母ちゃんとしてはどーーしても甥っ子に自転車に乗って欲しくて、昨日はがんばって説得して練習をしました。

5歳の甥っ子が乗っている軽めの自転車ではやはり乗れるのです!!
でもやっぱり自分の自転車だと怖くなっちゃうみたいで。
でも、最初さえちょっと押してあげれば数メートル走れるようになりました。
まだまだ練習をいっぱいしないといけないけれどね。

昨日はおかげで手術してこんなに全速力で走ったことはないぐらいにダッシュしましたよ。
子供の自転車を押して自分も同じスピードで走るんですからね〜。

さて、子供ばっかり頑張らせてもダメなので、自分もスキルアップせねばと今日は2冊の本を買いました。

ExcelVBA辞典―2000/2002/2003対応の画像
ExcelVBA辞典―2000/2002/2003対応 松本 瀬里奈

入院する直前まで勤めていた職場ではちょこちょことVBAの勉強をしていて、人に本を借りては暇な時間に試したりしていたんだけれどね。
今の仕事では余り必要ではないし、時間もないけれど、ちょうど今頼まれている資料に使えそうな気もするので、もう一度がんばって勉強したいと思っています。
しかし、重くて何よりも高い!!!

もう一冊は趣味かな??
Customizing XOOPS ~自由にデザイン・自在にHackの画像
Customizing XOOPS ~自由にデザイン・自在にHack GIJOE

所用で覚えなくてはならなくなったので購入してみました。
どれがいいのかよく分からなくて、自分も一体何を勉強したらいいのかよく分からないけれど、とりあえず……
しかし高い。
何より高い。
哀しいほど高い。

このお金があったら服でも買いたいよ。
なんかこんなのばっかり買っている自分がちょっと哀しくなっちゃうときもあるけれど、でも勉強するのは実は嫌いじゃない。
時間と暇と金さえあれば、コンピュータに関してはどこまでもやりたいって思っているんだけどね。



ちなみに本を買う時間はなんとか取れたけれど、この本のページをめくるための時間がない。
スポンサーサイト
2006-02-26 : 生活 : コメント : 2 :

翼をください

昔、「スマスマ」で「涙のスマップ」というコーナーがあったんだけれど、あれを見るたびに「自分が出たら1位なのに〜」と思ってました。
なぜなら私はすぐ泣ける自信があるからです。
別に泣き虫って事じゃないですよ!
誰にでもあるかもしれないけれど、人にはどうしてもこれを言われるとこの事に関しては弱いってのがあるんじゃないかな?

安藤美姫選手が父親の事を会見でいわれて号泣したとありましたが、あれに近いですね。

私も父親を亡くしています。
もう記憶すら薄れそうなぐらい前です。
25年以上が経とうとしています。
あの時の記憶はとてもうっすらで夢なのか現実なのかわからなくて。
実は父親が救急車に運ばれてから亡くなるまでの2,3日の記憶はものすごくしっかりしているのに、お葬式の後がぽっかりないのです。

ただ強烈なシーンがいくつかあって、その瞬間の事だけは今でも思い出すとどれだけでも涙が出てきます。
思い出すことは滅多にないけれど、でもふとした瞬間にあの時のシーンが蘇ります。

「お父さん、死んじゃったよ」

お母さんの泣き叫ぶ声を思い出すたびに、今こうして文章を書いているこの瞬間も涙を止めることは出来ません。


他にも人生の中にそういったシーンがあるのですが、私は音楽でも弱い音楽ってのがあるのです。
この曲を聴くと泣いちゃうってやつですね。

その一つが「翼をください」という曲です。
実はこれも今日、スマスマで歌っているのを見て思い出したんだけれどね。
この歌がとってもとっても私は好きなんです。
以前、SMAPのライブでも歌っていたときがあったんですが涙がポロって出ちゃうんですよ。

この歌にも私自身でいろんな思いがあってひとつは父親とみた最初で最後の映画の主題歌であったこと。
そして偶然にも父親の何回忌かの時に、映画がTVでやっていたんです。
後はこの映画の主人公は病気と闘う少女の物語だったんですけれど、自分が辛くて辛くて逃げ出したくて、自分も病気と向き合うのが苦しくなった時に、よく思い出して口ずさんでいました。

「この大空に 翼をひろげ
 飛んでゆきたいよ
 悲しみのない 自由な空へ
 翼 はためかせ ゆきたい 」


なぜ人はこんなに苦しい思いをしてまで生きてゆかなければならないんだろうって思っちゃう時があるんだよね。
私は基本的に全部吐き出しちゃうタイプで、いっぱい歌っていっぱい泣いて。
そして、明日に向かってまた走るんだ。


2006-02-20 : : コメント : 3 :

春が来る

今日はぽかぽか暖かくて気持ちがいい1日でした。
……たぶんね。
だって1日のほとんどは事務所にいるから分からないよー!
でも少しだけ外出した時にポッカポッカととても気持ちが良くてそのままお昼寝して職場に帰るのをやめたくなったよ。


それはともかく、先週友達から嬉しいお知らせをもらいました。
以前の職場の友達ですが念願の赤ちゃんが出来たのです!!

彼女はとても優しく美しく明るくて知的で可愛らしくてそしてバカな話やエッチな話がとびきり好きで、そして何よりも人が好きで、旦那さんをとてもとてもとても愛している人です。
私は彼女が大好きです。
私だけではなくたぶん彼女を知る人はみんなそういうでしょう。
彼女はそういう人なんです。

彼女には愛する赤ちゃんがいました。
でも小さな小さな小さなその命は天使になってしまいました。
ほんの少ししか一緒にいることが出来ませんでした。

私が出会ったときにはすでにその小さな命は天使になっていましたが、そんなそぶりは全く見せることなく、彼女はいつも明るくいつも人を和ませていつも優しく接してくれました。

それから長い間、彼女の元に再び天使が訪れることはありませんでした。
私も、そして彼女の周りの誰もが再び彼女の元に天使が訪れることをずっとずっと待っていました。
こんなにも愛し合う夫婦のもとになぜ天使は訪れてきてくれないのか疑問にさえ思いました。


でもちゃんと神様は見てくれていたんですね。
春はちゃんとやってくるんですね。
まだお腹の中で小さく息をしているあなたに会えるのがとっても楽しみです。
みんなで待っているからね!
2006-02-15 : : コメント : 0 :

アホな一日。

いろんな事があった厄年も終わり後厄もきっちりすませて、節分も過ぎた今日この頃。
これでやっと厄が終わるわ♪ということでお払いで頂いたものを返しに行く予定で家を出たのに、電車を乗った時にふと気付きました。

「肝心のお札持ってきてないじゃないか…。私のバカ!?」

何しに今から熱田神宮まで行くんだよって感じでもんのすごくショックでした。
でも電車に乗ってしまったので全く意味がないけれど熱田神宮まで行ってきたよ。
ただお参りをしただけなんだけど…
結局友達と食事をして、バレンタイン商戦でごったがえした売り場を通り抜けて、チョコを試食してきました。
買わないけどね(笑)
だってあげる人がいないんだもーーーーん。
結局何をしにいったのか分からない一日になってしまいました。
また時間をみて今度こそちゃんと「お札を持って」行かねば。
2006-02-12 : 生活 : コメント : 0 :

ショックな出来事

以前の職場仲間達とよく行っていた常連のお店がなんと火事になってしまいました。
昨日は久しぶりに行ってみようかと友達が電話をしてみたもの全然繋がらなくて、気になって妹さんがやっている方のお店に聞いてみたら、火事になってしまったという事実を聞いてとっても驚きでした。
大好きなお店なんだけど、小さくでぼろくて日本語あんまり通じないし(笑)
韓国料理のお店はいろいろたくさんありますが、一番わたし的には素朴で家庭料理って感じで大好きだったんですけれどね。

仕方なく(?)昨日は妹さんがやっている方のお店に行って来ましたが、やっぱりいつもの味の方が好きだ〜!!

本当は私達がくるということでお姉さんが顔を出しにくるという話でしたがやはりまだショックから立ち直れないようで、結局顔を出してはくれませんでした。
あのプルコギの美味しさはどこにもないので、またぜひ頑張って店を立て直して欲しいな!!

そうそう。
そこで偶然に友達に会いました。
しかもセラー服を着てコスプレしてました(笑)
おじさんたちに(職場の上司達)に囲まれて楽しそうだったよ。
ちなみに超大企業の部長秘書をやっているんだけれどね。
ある意味これもショックな出来事でした(笑)
でも、こういうバカな事とか出来る人が結構好きなんだけどね。
2006-02-09 : 生活 : コメント : 0 :

どこに行けるか考え中。

やっと来ました。
accessの春のツアーのお知らせです。
大阪・名古屋・東京で全4公演。
正直全部行きたいところですがどう考えても無理ですねぇ。
なんとか大阪は午後休を取れば金曜日だから行けるし、名古屋ももちろん大丈夫。
問題は日・月曜日の東京です。

うーん、なんとか日曜日ぐらいは見れないかしら。
最終に乗れば、次の日は会社にいけるかなぁ。
でも私の住んでいる所までの在来線のことを考えると最終の新幹線には乗れないし、だったらここからは車を使って…などなどいろいろ試行錯誤中です。

時刻表を眺めるの結構好きです。
なにせ全国北から南までいろいろとツアーの旅に駆け抜けてきた人なので、ネットと時刻表をうまく使いこなすのは大得意です。
もう今は高速バスや夜行に乗るだけの体力はありませんが、昔はなんでも使いこなしてましたね。

しかし夏ならまだ少し仕事も余裕が持てるけれど春ってのは苦しいな。
1年で一番忙しい時だよ!
難しいなぁ…

でもライブは私の元気の源なのでこれで4月までの目標と楽しみが出来たので頑張って働くぞ!って気持ちになってきます。
私の予想ではアルバムも出るのでは!?と期待してるんですけれどね。


さて、気付けばもうすぐトリノオリンピックなんですね。
トリノってどこよ?今更ながら聞いたら人に笑われました。
ちなみに次のワールドカップはいつよ?と聞いたら更に笑われた。
あまりご時世についていけていない人のようです。
2006-02-04 : 生活 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。