スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

デブ路線

ヒマなんです。
いまだに仕事がヒマヒマヒマ。
一時はやることがあったときもあったけれど、またしても最近ヒマヒマモード。

そういえばちょうど1ヶ月前だよ。
「今月中にはなんとかするから」とうちの上司がほざいていたのは。
ちっとも動いてもないし、なんにも現状は変わらない。
明日が7月31日だとして、今日はまたしても腹が立って仕方がなかったです。

仕事もないから人としゃべる機会もない。
前の仕事はしゃべるのが仕事だったので、一日中電話していたし、職場の人とも話すことが多かったけれど、今日気づけばお昼休み以外に誰かとしゃべったっけ?
絶対に私ってば暗いやつだと思われてます。
・・・書いていたらまたしてもむかついてきた。


今の会社は食堂があって、しかも半額になる制度があるので思わずいろいろ食べてしまいます。
前はコンビニ弁当が多かったのですが、飽きることもあるし、値段も高いからパンを2つとヨーグルトぐらいしか食べていませんでした。
お菓子も電話応対が多かったので、食べる暇がなくそんなにたくさんは食べてないはず。
書類を見る機会が多く、書棚からでっかいファイルをあっちこっち持ってきて調べて返してってのも多かったので、それなりに小さい事務所の中で動いていたかと思います。


でも、今は仕事がヒマなこともあり一日中トイレに行く以外に席を立つこともなく、でもヒマからついついお菓子を食べちゃうんです。
さらにお昼は食堂でガッツリってそりゃもう太るのは当然。
おかげで最近すっかりデブ路線です。
体重計に乗って悲しさを感じたよ。
ストレス食いってあると思うけれど、最近そんな感じです。


あれも、これも。
どうにかしないと・・・
スポンサーサイト
2008-07-30 : 生活 : コメント : 3 :

日本人の国民性

暑いです。
特に東海地方は半端なく暑い!
外気の温度は39度でしたよ。
いい天気だから遊びに行きたい気持ちもあるけれど、こういう日は冷房をきかせて部屋でまったりもよいかなと思いDVDを5枚も借りてしまいました。
5枚1000円だったからなんだけど・・


早速、「グエムル」という韓国映画を見ました。
思っていたストーリーとは違って怖くはなかったです。
簡単にいえば「家族愛」のお話なのだなって。
主になる「グエムル」という怪物に関しては、あまりフィーチャーされてないんです。
あれがどうして誕生したのかとか、なんで政府は殺さないんだとか。
結構あっさりと最後は死んでしまうのですが、あんなの最初から銃で撃っていれば終わりなんじゃない?と思ってしまいます。
ストーリーはそこにはなく、娘を奪われた父親とその叔父叔母祖父が奮闘する様子がメインになっています。
しかし、父親はともかくそのほかの家族もあそこまで必死になる姿はもしかして韓国の映画だからなのかな?


ちょうど同じに日にNHKでやっていた韓流がなぜこんなにも受け入れられているのか?みたいな内容の番組がやっていて見ました。
韓国のドラマには今の日本にはない素朴さがあるのだと思いますが、それだけではなく、人間の感情の源になるものがいろいろ含まれているのだなと気づきました。

「恨」
「情」

韓国のドラマや映画の源になっているものだそうです。
「恨」というのは日本語そのものの「恨み」だけではありませんが、でも「恨」が強ければ強いほど「情」も強いのだと思います。
昔は、犯罪を起す「動機」といわれるものには確かにこの二つが存在していてのではないかな?
あと、韓国のドラマって長いんだよね。
それって大抵の場合は幼少期からのつながりとかがあって、そこに物語の始まりがあったりするらしい。
人は生まれたときからつながっていて、そこに自分があるのだと。
あと、韓国の人って自分の感情を言葉で表すことにびっくりしました。
どちらかというと欧米的なんですよね。
愛しているとか大切だとか。
こんなにも近い国であるのに、どこで差が出来てしまったんだろう?


しかし、今の日本のドラマは中身がないものばかりでつまらない。
昔のドラマってもっと中身が濃くて人間関係も濃いドラマが多かったと思います。
ちょっと「くどい」ぐらいにね。
今の日本のドラマって今の日本の国民性をあらわしているのではないでしょうか?


希薄で情がない。
そのくせ、ちょっとした言動を大体的に扱っていつまでもひきずって。
次々に起こる事件を思うたびに、この根付いてしまった今の日本の国民性を変えない限り、犯罪は終わることがないのではと思ってしまいます。




ちなみに私は韓流にはまっているわけでもなく、実は全然見たことがない。
でも、ちょっと見たくなってきました。
日本人が忘れてしまったもの。
探してみようかしら。

2008-07-27 : 生活 : コメント : 0 :

地震が続きますね

地震が続きますね。
日本は地震列島なので仕方ないのですが、でもみんな「自分のところには来ない」って心の奥底では思っているのでは?

子供の頃から東海大地震がくるとずっと言われ続けていますが、東海に来る前に阪神や北海道、今回の東北など。
大きな地震が来ていないのは、関東と東海だけなんじゃない?
怖いな・・

「地震が起こったら、まずこれをしろ!」
http://www.satonao.com/column/variety/jishin.html

阪神大震災の教訓をどれだけの人が生かしているのか?
そしてそれは私自身にもいえるのだけれど。
ワーファリンを飲んでいた時は薬が切れてしまったらどうしよう?とそのことがとても心配でした。
先生に心配すぎて多く欲しいと言ってみたらとりあって貰えなかったけど・・


うちは去年、井戸水を引いたんです。
母が近所の人たちから井戸水がこの辺りは出るという話を聞いて、お願いして掘ってもらいました。
家から1分ぐらいの我が家の畑にあるのですが、とりあえず水はなんとか確保できそうです。
あとは畑もあるので食べ物には困らない。
登山家もいるので、キャンプ用品は品揃え多数。
でも、それでも地震がきたらきっと不自由な生活を免れることは出来ないんだと思います。


今からできること。
逃げてばかりじゃなく、ちゃんと見つけなきゃ。
2008-07-24 : 生活 : コメント : 0 :

やっぱりライブは楽しいにゃん!

前日の疲れが取れないままaccessのLiveに行ってまいりました。
今年初のライブだよ。
そして、今年はこれでわたくし終了なんだす。
入社したばかりで有休ばっかり取るのもなぁという気持ちと、アルバムも出てないのに一体何をやるのこのツアー??ってな気持ちもあり、実はそんなに乗り気じゃなかったんです。
でも名古屋だけは地元だし行こうかなって。



・・・終わったらやっぱり大阪も申し込みしておけば良かったと若干後悔。
そして平日でなければ中野サンプラザも行きたい。
ちくしょう!
最近どうして平日ツアーばっかりなんじゃい。


どこがどう去年と違うかって言われたら分からないけど、でもなんか今回のツアー悪くなかった。
ひとつは映像とのリンクが今までと違ってかっこよかった。
やっぱりSync-Beatにはダンサーのお姉さまたちより、無機質な映像のほうが似合っていると思います。
あと、大ちゃんのシンセブースが今回は舞台下にあったのも近くに感じてよかったのかな。
なにやら新しい試みで各地方を二人がお出かけデートをしているわけですが、面白かった。
二人とも可愛いよ。
名古屋城をあそこまで楽しんでくれると嬉しいね(笑)
お願いだからライブDVDの特典映像にこの映像をつけてください!
これを見るだけに大阪や東京も行きたくなりました。


今年はaccessとしての活動はもしかしてこれが最初で最後なのかな?
ぜひまたツアーをやってください。
2008-07-22 : カテゴリ無し : コメント : 0 :

浜松小旅行に行ってきました

今日もとってもいい天気♪
友達と隣県の静岡県浜松市へ遊びに行ってきました。

しかし、しょっぱなから私は大遅刻(^^;)
ちょっと早めに家を出て、少しだけ買い物してから友達の家に行こうかなと思っていたのですが、欲しかった化粧品を買おうかと迷い、結局店員さんの声に押されて試したりなんかしていたら、どんどん時間が過ぎてしまい・・・
30分も約束時間を遅れてしまいました


そんなこんなで最初に行ったのが「竜ヶ岩洞」。
http://www.doukutu.co.jp/

涼みたいぜ!ということで鍾乳洞に行ってきました。
中はひんやり涼しかったです♪
10年ぐらい前に行った記憶があるのですが、その時はもっと涼しく感じた記憶がありましたが、今日は外も厚かったせいか、涼しいというほどではなかったかな?
ここで売っているアイスが有名だということで、もちろん食べてみました。
いっぱいいろんな味があって、買う直前までめっちゃめっちゃ悩みます。
やきいも味を買ってみましたが、とっても美味しかった♪♪


その後、浜松といえば「うなぎパイ」でしょ!とことで、うなぎパイを作っている「春華堂」の工場見学に行ってきました。
http://www.shunkado.co.jp/factory/factory_top.htm

実際の工場なので、ここでは作業をしている人を見ることが出来ます。
意外と面白いんですよ!
ああやって、手作業で分別しているんだとか箱詰めしているんだってのが分かるし、逆にこんなのが機械化されているんだ!?って驚きもあるし。
工場見学は無料でいつでも自由に見学できます。
しかも、見学するうなぎパイが3枚貰えちゃうんですよ!!
もちろん見学後にうなぎパイを買って帰りました。
みなさん手に手にたくさん持っています。
見学自体は無料でも、きっと会社としては儲けはあるんだと思いますよ。
団体客なんかもいて、思っていた以上に人は多かったです。


さてさて、ここからどこに行こうかなと迷い「新居関所」に行こう!と急遽決まり見に行ってきました。
ちょうどこの間、鉄腕DASHでもやっていたし。
私の車には残念ながらナビがないのですが、友達の車には着いているのでこういうとき、ナビってやっぱりいいですね。
すぐに場所が分かるから。
http://www.town.arai.shizuoka.jp/sight/02/si0202.html
関所といっても特に何かあるわけではなく、当時の建物や資料館があるだけです。
でもこの辺りは町並みが少し関所っぽくて、古い建物や町並みが残されていました。

最後はお決まりの「うなぎ屋」です!
知り合いの人からのお勧めのうなぎ屋に行ってきました。
美味しかった♪♪
久しぶりにお店で食べたけど、油ものっていて炭焼きした香ばしい味がなんともいえません。
実は車に乗っていたとはいえ暑さでちょっと頭も痛くてお疲れモードになっていたのですが、うなぎを食べたらちょっと元気になりました。


久しぶりにちょっと遠出が出来て楽しかったです。
デジカメを持って行かなかったのが唯一の後悔。
お出かけはやっぱ楽しい♪
2008-07-20 : カテゴリ無し : コメント : 4 :

私にも戦わせてくれ!

1週間。
長いんだか短いんだか最近よく分からなくなってきました。
相変わらず「私はいったい何をやればいんだ?」状態は続いているのですが、それでもなんだかんだで仕事はあるようで、ないようで・・

自分の担当が結局今になっても決まらず、仕方ないので自分でいろいろ仕事を見つけてます。
とりあえず今は、問題点探しをやっているのですが、もともと物事を「分析」するのが好きなんです。
人の性格やその人の裏を見るのが得意で、客観的な視線で何が足りなくて何が必要ないのかを見るのが好きです。

特に仕事でそれを出すには私は「数値」が基本だと思っているんです。
工数がかかっているだとか、操作に無駄があるとか。
この会社に入って思ったのはみんな意見が抽象的すぎるんですよ。
正直「アホか!?」と思う(笑)
たとえば工数がかかっているのだとしたら、ひとつの仕事で何件何時間何人が・・・
そして、それを改善するにはこれだけの考えられるパターンがあって、このパターンだと具体的にこういう結果を生み出しこういうリスクを生み出す。その効果はどれぐらいで。。


言葉にするとなんだか細かい人みたいですが、でも「分析」とはこういうことだと思うんですよね。
悪い言い方を言えば「粗さがし」になっちゃうんですが、いろんな関数や分析ツールを使って洗い出しをするのは結構面白いです。
そういう意味では転職してよかったと思えるかな。
前の仕事は「営業」要素が強かったのですが、私はやっぱりデータやPCとにらみ合いをしている方が楽しいんです。
でも、もっと好きなのはその分析データをもとに戦いたい!
今はデータだけ提出して会議で発言をするのは結局担当の人になってしまうわけですが、うずうずしちゃいます。
私に戦わせてくれって!


ただ戦うにはまだまだこの会社では私は未熟者なので1年はいい子を演じます。
前の会社でも1年はいい子を演じていて、2年目になってひととおり全てが分かってからは、言いたい放題してきたのでね。
そしてやっと週末。
心も休息したい。
2008-07-18 : 仕事 : コメント : 0 :

こんなに天気がいいのに。

35度を超す真夏日に溶けてしまいそうです。
しかしいい天気なのは嬉しい。
布団も干せるし洗濯もよく乾くし。
でもね、でもね。
こんなにいい天気なのにすることがない自分が超悲しい。

誰かを誘えばひとりぐらいきっと空いているのでしょうが、なんとなく誘う勇気と気力がなくて二日間が終わってしまいました。
私は夏が好きだし、晴れた日が大好きなんだけれど、それ以上にヒマと無駄が心底苦手な人なのでこの2日間は天気とは裏腹にブルーになってしまいました。
とはいえ、何もしない二日間というわけではなかったのですが。


読書月間中ということで、お知り合いの方に勧められた本を借りに図書館に行ってきました。
買おうかなと思ったのだけれど、暇だしついでに図書館で涼もうかなと思いまして。

スナーク狩りの画像 スナーク狩り 宮部 みゆき

土日であっという間に読んでしまいました。
最初からぐいぐいと引き込まれるように読むことが出来ました。
一人一人がバラバラのようで、でも最終的には深く絡み合うストーリーや、それぞれが何もないように生きているが、本当はみな孤独で繊細な心を抱えているさまが見ていて引き込まれました。


実は図書館に行った後に「意味のない100kmドライブ」をしてきました。
本当にその名の通り目的地も場所も決めずにただひたすら走っただけです。
家を出る際に珈琲をドリップして水筒にいれて、お気に入りのパンやでパンを買っておいたのですが、道中はそれを食べたり飲んだりしながら、本当に意味もなくただ北へ北へと走った感じです。
結局、隣の岐阜県までたどり着きそこでUターンして、ちょうど円を描くようにまた別の道をたどって家にたどりつきました。
私の車にはナビはないので、青看板が頼りでしたよ。
途中で車1台通りぬけるのがギリギリの山道だったりもありましたが、好きな音楽を聴きながらの約3時間は結構私的には楽しかったです。
我が家も立派な田舎だとは思うのですが、それでも山や川が近くを流れるほどの田舎ではないので、時々車を止めて大きく息を吸うと、木々の香や川のせせらぎの音が心を和ませてくれます。
空の青さも、なんだかいつも自分が見ている空とは違う気がするんですよね。

川のせせらぎ

そら


こういうことをしてしまう自分を自分で「変わってる」と思うことがありますが、じっとしていられない性分なので仕方ありません。



そろそろ次の楽しみを見つけないと・・・
2008-07-13 : カテゴリ無し : コメント : 5 :

この夏、ドラマはなに見てる?

7月になって新ドラマがいろいろ始まってますね。
前の仕事の時はテレビを見る時間がほとんどなく働いていた数年間はテレビ事情にかなり疎くなっていました。
ニュースもほとんどネットで仕入れる感じで、TVでニュースを見ることもなかったですが、今は夕方6時のニュースのときには間違いなく家にいるので見てますよ。


さて、少しずつ始まってきたドラマですがとりあえずこれまでに見て面白いと思ったものは。
「シバトラ 〜童顔刑事・柴田竹虎〜」
小池徹平が可愛いんだもん(笑)
実は藤木直人も好きなんだな〜。
でも変な髪形で「!?」ってちょっと思ったけれど。
真矢さんも好きなので次回も見てみようかなと思いました。
「魔王」
第1回目をすっかり見忘れてました。昨日2回目をはじめて見ましたが嵐の大野くんの変貌に驚きました。
あのおとぼけ大野くんが!?
ストーリーも楽しみですが、欲を言えば大野くんがちょっと若すぎるかなぁ。
とても実力があると思うのですが、役の設定を考えるともう2、3年後のほうがリアリティーがあるんじゃないかなと少し思いました。
同じ事を思ったのが山Pが出ている「コード・ブルー」。
役者さんがみんな若いのでドクターヘリの重みがあまり伝わらない。
もったいないなぁと思います。
「四つの嘘」
1話を見ただけではストーリーはまだ読めませんが、大人の恋愛ドラマって感じがして楽しみです。
昔は結構ドロドロの恋愛ドラマとか多かったのですが、最近はあまりないですよね。
4人の女優さんが魅力的です。
「ヤスコとケンジ」
今日、ちょうど見たのですが痛快ドラマって感じでした。
単純に面白かったからきっと来週も見るかな。


ビデオを撮ってまでドラマを見たいというのはないですが、時間の余裕もあることだし今年の夏は冷房の入った部屋でまったりとドラマで見ちゃおうかな。
2008-07-12 : カテゴリ無し : コメント : 0 :

黒部ダムの歴史

私の会社はフレックス制度があるので、基本的に出社も帰社時間もそれぞれ違います。
本来の定時である8時に来る人は少ないので、いつもとっても静かです。
今週から諸事情により、フレックス制度が使えなくなりました。
3日間のみだけど。
全員8時から17時の一斉出退社。
しかも残業は絶対不可です。


これがまたすごい光景で(笑)
対象者はたぶん500名ぐらいかと思いますが、朝は渋滞。
会社につけばエレベーター渋滞。
トイレもなぜか渋滞・・・
もっと笑えるのが帰社時間。
10分前ぐらいから、みんなソワソワ。
出遅れると一斉帰社なので渋滞に巻き込まれて大変なんです。
だからみんな一目散に帰りだします。
まさに17時きっかりにフロアの人間が動き出す。
私のフロアでも300名ぐらいはいると思うのですが、われ先へとエレベーターに向かって歩きだすさまが客観的に見ていると面白いです。
私のような普段から残業がない人間はいいのですが、忙しい人たちにとってはいい迷惑だと思いますが、規制や法律など会社って本当に大変ですよね。


さて、今月も読書月間が進んでいます。
すでに2冊目に突入。
今月の1冊目は黒部ダムが出来るまでのお話です。

黒部ダム。
もう一度、行ってみたいところのひとつです。
小学生の頃だったかと思いますが、子供なりに「ものすごいものを見た」という記憶があります。
もちろんその頃は黒部ダムの歴史など知るすべもなかったのですが、このダムを作り出すために亡くなった300名以上の方々に本当に心から冥福を祈りたいと思います。
ありきたりの言葉だけど、昔の人たちはすごいと思います。
自分達で歴史を作っていこうという気迫を感じます。
私たちはこれから建造物を作ることではなく、この地球を守るための歴史を新たに作りださなければならないんだと思います。
その努力を惜しんではいけませんね。


高熱隧道 (新潮文庫)の画像 高熱隧道 (新潮文庫) 吉村 昭

2008-07-10 : カテゴリ無し : コメント : 0 :

ブラジル−日本 きみのいるところ

「ブラジル−日本」 きみのいるところ

いい題名だなと思いました。
今日は午後から予定もなかったので久しぶりに豊田市美術館へ。

http://www.museum.toyota.aichi.jp/


「移民百周年を迎えた2008年に、日本で最も多くのブラジル人が住むここ愛知県で、ブラジルに関わる現代作家たちの作品を紹介します」

私の住む地域にはたくさんのブラジル人が住んでいます。
隣接する市も同じような状況ではありますが、日本でもっとも多いのは知らなかったです。
海外から技術を身につけに来る人も多く、ポルトガル語が話せる日本人は非常に重宝されます。
特に工場が多い地域なので、ポルトガル語が話せてしかも工業用語が分かるとなれば、通訳の仕事は絶えずあるかと思います。
これだけ市としては密接なかかわりがある割には、そういえば自分の周りにブラジル人はいないのがちょっと不思議。


今日は作家の方たちの作品説明があると聞いて午後2時から美術館の中の講堂に行きました。
正直、ちょっと計画不足の感じがしたかなぁ。

話としては非常に興味深い話ではあったのですが、4人の作家さんたちの話が午後2時から始まって終わったのが午後5時。
美術館そのものは午後5時半には閉館してしまいます。
作品説明を聞いてから作品を見ようと思っていた人には非常にキツイ!
私も半分だけみて後は説明をみた後にしようと思っていたら、時間がなくて残りの作品はほぼスルーで見るだけになってしまいました。
冷房も効きすぎて寒くて寒くて・・・
途中で10名以上は出て行ったと思います。
もう少し要点をまとめて素人にも分かるようにして時間制限をかけてやったほうがよかったのでは?
最後の1名の人なんてみんながバタバタ出て行ったのを気にしていたようで、かなり手短に話をされていてちょっと可哀相でした。


どの作品も空間いっぱいに表現されていて非常に興味深かったです。
今日は勇み足で見てしまったのでまた時間を見てもう一度行こうかなと思っています。



「芸術の秋」なんて言葉がありますが、「芸術の夏」もよいですよ!
なぜなら暑い日こそ、涼しく快適な美術館はお勧めなんです♪

2008-07-06 : 生活 : コメント : 0 :

夏です。バーゲンです。

今日は本当に暑い1日でした!
これは家にいてもクーラー全開になってしまうだけだと思い、買い物に行ってきました。

お目当てはもちろんバーゲン♪
今年はボーナスもちょびっとだったので、こういう時は貯めるよりも使っちゃえ!と思っています。
今日は結局スカートを2着と、チュニックを1着、アクセサリーを1個買いました。
前の会社がスーツ着用だったこともあり、私服と仕事用とそれぞれ買わないといけないこともあり、バーゲンはたいていスーツを1着新しく買うことに費やされることが多かったかな?
スーツは高いので・・・
今の会社はさほど服装にはうるさくないので私服と仕事を兼用できるため、服を買うのがとっても楽になりました。

明日も良い天気みたいで私の「どこか行きたいぞ!魂」がうずき始めています。
ひとりでどっか行っちゃおうかなぁ〜!?
2008-07-05 : カテゴリ無し : コメント : 0 :

もうちょっと待ってにムカ!

入社してちょうど2ヶ月が過ぎました。
私が内定をもらったちょうど3月頃は部署では仕事内容が大幅に変わったこともあり、業務がうまく廻らず22時ぐらいまで毎晩仕事をしていたようです。
それに見かねて3月から4月にかけて派遣社員の方が3名ぐらい入ったようですが、おかげでなのか、私はいまだに仕事がない!
もともと人員補充で入ったわけではないということもあるのだけれど、業務に負荷がかかっている人も数名いてそこから少しずつ仕事を分掌したいというのが上司の考えだったようですが、みんな忙しくても自分の仕事をなかなか渡さないんだよね。
分からなくもないんだけれどさ。
本当にその気があるなら上司も「明日からこの仕事は○○に引き継いで!」とはっきり言えばいいのに、どうもそれがいいずらい相手のようで、そこが動かないからそのほかも動かない。
よって私のところまで仕事が廻ってこない・・・


久しぶりに「ヒマ」を体感しています。
前の仕事ではありえなかったので、派遣社員だったころ以来です。
その頃よりはツライのは、派遣社員の人ですら忙しく動いている中で社員の自分だけ仕事がないってのが、惨めです。
今週の始めにも上司に「自分の仕事は手を離したのに、仕事が分掌されてこないんなんて、私は何をしたらいんですか」と言ってみたものの、答えは先月と同じ「もうちょっと待って・・」。
先月の始めにも1,2週間待ってといわれて、1ヶ月我慢したのにまた同じ事を言われて、さすがにムカムカ!!
今日は定時の1秒後には帰ってやる!ぐらいの意気込みで会社を去ってきました。


ちょうどそんなムカムカしていた頃に、友達から「正社員が決まったよ!」との嬉しいメールが♪
私たちの年齢って先のことがとっても不安になるのです。
友達とも以前からそんな話をよくしていて、「がんばってチャレンジするよ」と言われて何もできないながらに応援してました。
だから私も不満はたくさんですが、もちろん辞めるつもりなんて全くありません。
しがみついてでも残ってやる!と思ってはいますが、でもストレスは溜まるばかり。


どこかに行ってストレス発散したい!!!!
2008-07-04 : カテゴリ無し : コメント : 0 :

6月の目標

7月です。
1年が半分過ぎてしまった・・・と書くと泣きたくなる人もいるのでは!?
1年が本当に早くてこの間、年賀状を書いたと思ったのに、また書くのかよ〜!!
また、今年も誰に出そうと迷ったり、また今年も苗字が変わらなかったり(笑)
最近は結婚ハガキも、子供が生まれましたハガキも終わって、「家を建てました!」というハガキが届くようになってきました。
しみじみしちゃいます・・


7月になり本当にちょびっとですが賞与が出ました。
本当にびっくりするぐらいちょびっとです(笑)
実はでないと思っていたので、頂いたことにびっくりだったわけですが、逆に渡されたら今度は金額が気になってしまい帰るまでそわそわしてました。
前の会社でも中途入社でしたが1ヵ月分には満たなかったけれど、それに近いぐらいの額を頂いたので「少なくとも半分ぐらいはあるかな??」と期待していたんだけど…。
全然なかった(涙)
いいんだけどね、もらえるだけありがたいから。


さて、6月の目標であった「本を読む。映画を見る」でしたが…
DVDは3枚ぐらい見たかな?
本は1冊・・・・だったので、昨日の夜遅くまでがんばって途中だったもう1冊を読み終えました。
それでもたったの2冊。
でも、読書嫌いの私の割にはがんばったのよ!

 命の終わりを決めるとき (光文社文庫 さ 22-3)の画像 命の終わりを決めるとき (光文社文庫 さ 22-3) 朔 立木

自分の命の終わるとき。
考えることはあります。
でも、考えると少し怖くなります。
それは「死」が怖いというのとはちょっと違って、考えると「死」が来てしまいそうだからです。
「生」に対する執着心がそれほどないと思っているのに、それなのにいざとなると考えるのが少し怖い。
「遺書」もそうだけど、書くのが少し怖くなるのでいまだにかけません。
それと同じように、自分の意思がなくなり、それなに身体だけ生きているという状態になってしまった時の「選択方法」をしっかりと選んでおかないといけないと思いつつも、怖くて出来ない。
身体だけになっても生きたいと願う人もいるのかもしれない。
必ずそれでも生き返るという思いで。
でも、私にはそんな生き方が出来ないから、出きるなら苦しんだり醜くなる前に死にたい。
もう誰かに「十分がんばったね」と褒めてもらって、もう頑張るのはやめにしたい。



でも、それを預かる医師は苦しいよなぁ・・・・・
感情と制度と倫理と事件と。
ストーリーとしては面白かったけれど、事件の解明としては「?」と思えるところが多い感じでしたが、リアリティーがあって面白かったです。



そしてやっぱり思う。
この小説もフィクションだけどノンフィクション。
私はそういうのが好みらしい。

2008-07-01 : 生活 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。