スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

入院グッズを撤去


来週の火曜日から復帰しますが、今日、会社の人から「火曜日から復帰なんだねー」って早速LINEが来てました。
みんな情報早いね(*'ω'*)
初日は午前中に挨拶がてら出勤して帰る予定ですが、数名の同僚達がお弁当会を開いてくれるってことだったのでごはん食べて帰ることになりました。
退院してから何が面倒ってお昼ご飯を考えるのがとても面倒です。
夕飯はちゃんとしたものを食べなければと思って簡単なものを作ってはいたものの、お昼ご飯にそこまで手をかける余裕がないので、レトルト食品のオンパレードでした。
カレー、パスタ、ラーメン・・・なんて不健康なんでしょう。
早く会社の食堂に行けるだけの元気が欲しいわ。
そのためには3階分を階段で登らないといけないけど。
古いから仕方ないけど、食堂にエレベーターつけてほしいわ(-.-)

私の理想としては暇をもてあましている時間に普段はあまりしないようなパン作りとかお菓子作りとかしながらゆっくりとした時間を過ごすつもりだったので、なんかそんなの全くないままに終わってしまいます。
前回との違いは何だったのか!?って思うと、やっぱり身体が前みたいに楽にならないってことが一番。
胸の真ん中あたりの「パコパコ」は結局3か月経った今も全く治らないんでけど。
心拍数が減った分だけゆっくりはなったもの、「パコパコ」は相変わらずでこれがすごい疲れる原因なんだけど、時間が経てばいつかなくなるんでしょうかね??
たぶん先生に聞いても徐々になくなるからって言われて終わっちゃいそうですが・・・

今日は入院グッズを片づけました。
今頃ですか!?という感じですが、不整脈のこととかもあったので念のため入院セットはそのままにしてありました。
少しずつ少しずつ片づけたりもしてましたが、復職が決まったということでひとつの区切りかなと思って今日は残りの荷物も片づけることにしました。
使うことがないといいんだけどね。


スポンサーサイト
2016-02-26 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

産業医面談


復職証明書の発行する前に、水曜日の午後から産業医面談の予約を入れてしまっていたので、キャンセルすべきか迷っていたら水曜日の11時ぐらいに病院から発行できましたの連絡が!
午後から面談があるのでそれまでに発行してほしいことを月曜日にお願いしていたので、「間に合いますか?」と気にしてお電話いただきました
無理を言ってしまいましたが、ちゃんと対応してもらえて病院に感謝です。

昨日はとっても風も強くて寒かったのでコート・手袋・マフラー・マスク・ホカロンなどなど。
寒さ対策ばっちりで出向きました。
コートすら着てない普段着の上司と並んで歩くとめっちゃアンバランスだった(笑)
上司と二人で産業医がいる建屋まで歩いて10分ちょっとですが、日ごろの散歩のおかげか疲れることなく行けました。
まずは第1関門突破の気分です。

産業医面談はあっという間でした。
というか、まず産業医が20代ぐらいの若者で超びっくり。
最初もう一人のおじさんと二人で来たのでこっちの人が産業医かと思ったら、こちらの人は手続きをする人で若者の方が産業医だったので、上司と一瞬「??」って感じでした(笑)
何を聞かれるのかなと思っていたけれど、「台詞かよ!」ってぐらいありきたりの話だけでしたね。
上司とも先に話をしていたんだけれど、産業医といっても主治医の判断が絶対なので、産業医の判断で何かが変わることはほとんどないらしいです。
うつ病とかだと会社側としての受け入れ態勢があるので色々と聞かれるみたいだけれど、病気についても専門医でもないのに主治医以上の判断は確かにできないよね。
残業規制は主治医にも書かないでほしいとお願いしたので特につけてません。
上司もさせる気はないし、しばらくは私には仕事を戻さないつもりらしいので。
今でも私の仕事はほかの人がやってくれているので、その体制でしばらくは担当持たずにやろうということになってます。
残業規制を一度設定すると、解除するためにまた主治医から診断書をもらいにいかないといけないという面倒なことを過去に何度か体験しているので。

そんなこんなであっという間に面談は終了。
3月から職場復帰となります。

不安がないといえばうそになるけど、とりあえず前に進まないとなのでね。
今日から散歩をするのをちょっとやめようと思っています。
逆に残りの日々は少し身体を休める方に力を入れようかなと。
来週からのために週末は出来るだけすぐに食べられるように冷凍できる食べ物を作りおきしなくちゃです。


2016-02-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

来週からに向けて


週末にマルファン友達が遊びに来てくれました~。
3人で一緒に会うのは本当に何年振り?!
やっぱり分かり合える人たちと話をすると心が軽くなります。
「わかる~」ってな感じで話を聞いてもらえて気づいたら4時間近く話してました。
それでもまだ足りなかったけど(^◇^)
来週からの職場復帰に向けてどうしたら一番いいのかが自分でもよく分からなくてそんな話もしました。
頑張らないと先に進まないし、頑張り過ぎるとそれはそれでだめだし。
線引きが難しい~!

昨日、病院に復職証明書を出してもらいに行ってきました。
ただ、主治医は金曜日の外来なので総合受付に書類発行依頼だけをしてきたのですが、なんと書類発行まで2週間ぐらいだと言われてびっくり!!
遅くとも2,3日でできるものかと思っていたので呑気に構えていたのですが、来週からの出社にも間に合わないよ。
たぶん最大日時を言っているのだと思うけれど・・・
とりあえず来週の復職前に会社面談もしなくてはならないので大至急でお願いしますと依頼してきました。

まだ傷病手当金の申請もしていないし・・・
今月は給与がゼロになっているはずなので、各種税金や保険料などなどの引き落としができないからそのうち大量の請求書の入金処理もしないといけないし・・・・
市民税はいったん会社控除から外されてしまうらしいので、自分でまた切り替え手続きしないといかんらしいし・・・・

この先まだまだ手続きの嵐です(*´з`)



2016-02-23 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

脈拍も計測できちゃうんですか?!


手術した後に一度も来ていなかった生理が3カ月ぶりに来たため、お腹は痛いし、量は多いしでこの2日間は死にそうだった。
ここ数年は内膜症と筋腫の治療のために超低用量ピルを服用していたのですが、術前からいったん止めるように言われて飲んでいません。
ピルは副作用もあるけれど、それ以上のメリットも多いと今回改めて痛切に思ったよ。
貧血で具合悪くなるし、夜は寝付けないし、お散歩もこの2日間全く行けなかったし。。
来月の外来で先生に許可をもらって、薬の服用の許可をもらわないと。


昨日の午後からはだいぶ調子もよくなって、車の1年点検に行ってきました。
ディーラーに行くとあれもこれもと薦められるので、強い心を持っていないとオプションが増えるわ(笑)
でも、11月からずっと洗車してなくて見るも無残な汚い車をピカピカにしてくれて気分はとてもいいです。

会社が立体駐車場のため、お昼から出社しようとすると4階とかになってしまい大変です。
階段しかないから調子悪いととても歩けない。
もっと悪いのが近いところはほぼ満車状態なので、途中出社しようとすると数十分離れた駐車場に行かなければならなくなります。
そのため、会社に近いところに停められるように私は申請をしてます。
許可されなかったら復職への道が遠のくところでしたが、申請も上司から出してもらいました。
電車でも通えない距離ではない(むしろ早いかも?)けれど、調子が悪い時こそ車は便利だなぁと思います。

血圧はかなり落ち着いてきているので、私の一番の心配ポイントは脈拍です。
ここ数日はやはり調子が悪かったせいか、またドキドキが激しくなっています。
でも、いちいち血圧計で計るの面倒だなと思っていたら、スマホでも計れることが判明!

心拍計数

スマホで計った後に、血圧計で計ったら数値的にはほとんど違いがないほどの精度です!

Screenshot_2016-02-20-11-38-56.png

これぐらいの数値がいいですね~。
70台だと身体が楽だわ。
朝は調子よかったのに、今日はWiiでがんばって遊んだ(?)あとから80台~90台の後を行ったり来たり。
少し休憩しなきゃだね。


しかし、スマホの進化がすごくてびっくり~!!

2016-02-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

復職を延期すべきか・・・・


今日も寒い~。
とても家から出たいという気持ちになれません。
でも、牛乳がないからあとで買いに行かなきゃだわ。
術後にすごい寒がりになってしまい、家で暖房つけていても寒くなる時があります。
冷え性にいいといわれることは色々やってはみたけどさ。
11年前に僧帽弁閉鎖不全の手術をする前は逆にすごい暑がりでした。
夏が暑いっていよりは、冬でも身体が火照っていてちょっと暑いぐらいでした。
会社でも冬でも半袖を着ていたりしていたから「痩せてるに暑がりなん?」って不思議がられてました。
術後は暑がりでも寒がりでもなかったけど、今回の手術の後から妙に寒くて仕方がない。
今週の日曜日はとても暖かかったはずなのに、遊びに来るという友達を迎えに駅まで行くのに私はコートまで着て出かけたのに、周りをみたらみんな軽装。
友達も暑い暑いっていいながら、薄着の長袖Tシャツをまくっていたのを見て、やっぱり私はちょっとおかしいのだな?と実感しました。
少しずつもとに戻るのかなぁ??

友達が来た時に、会社への復帰についても色々と話をしました。
前に会社に行った時は体調も良かったし、あと2週間ぐらいあればそろそろ会社にも行けるかなと思って、上司と復職日を決めたのですが、いざもう残り数日を目の前にすると本当にちゃんと働けるのだろうかって不安になってきました。
うちの会社には半休制度もあるので、朝8時から12時まで働くか、13時から17時から働くかというやり方もあります。
ただ、これは0.5日分の年休を利用するので自分の身を削らなければいけないけど。
いきなり8時間勤務は無理だから、年休が残っている限りそれでなんとかしのごうかなと思っていたけれど、年休が足りるのかとか、そんなんで大丈夫なのかなとか。
上司も含めて周りもバックアップ策を考えてくれているとはいえ、自分が一番不安になってきてしまい、友達にその話をしたところ、上司に伝えてくれたみたいで、先ほど会社から電話があってもう一度復職日を考え直したらどうかと言われました。

基本を「4時間なら働ける」と考えるのではなく、「8時間働ける」と思えないとやっぱり駄目じゃないかと。
上司も無理をして復職させることになるんじゃないかと不安になってきたみたいで、会社が言うからではなく、自分で大丈夫だと思った時期に復職するようにって話でした。


うーん、悩む。
めっちゃ、悩む。


早くもとに戻りたいという気持ちと、まだ不安だという気持ちと。
自分の中で葛藤してます。


とりあえず、明後日までに答えを出しますとしたので今日・明日でじっくり考えよう。。。。

2016-02-17 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

気軽にお出かけは行きづらい


会社への復職まで残り12日になってしまいましt。
かなり不安ですが・・・
年休もそれなりには残したけれど足りるのかちょっと心配もあります。

平日にこうやって家にいるのも残りわずかです。
うちの会社は祝日も出勤なので、長期休暇と土日休みしか存在しません。
なかなか平日にお休みなんてないので、この機会に買い物したりとかできたらいいなぁとは思いながらもなかなかそれも難しい。

そんな中、昨日は友達とランチしてきました。
お昼休みに会社から出てきてくれたので、憧れの平日ランチしてきました。
主婦や学生など結構いろいろと人がいるもんですね。
私の住んでいるところは駅前なので、私でも歩いていける範囲でランチできる場所がいくつかあります。
しかし、一人でランチに行く勇気がまだない(笑)
最近は散歩がてらに駅前を歩くこともあり、結構いろいろとお店があるんだなぁというのにも気づきますが、やっぱり一人で入るのは少し勇気がいるわ。

会社に復帰するにあたり、洋服も考えなきゃだし。
今年の冬は当たり前ですが1着も新しい服は買ってません。
この2カ月は家にいるだけなので、2,3着の普段着をぐるぐる着回してます。
気分転換も含めて、洋服とか買いに行きたいなぁとは思うけれど、体力的なことはもちろんだけれど、その姿を会社の人とかに見られるのが嫌だなぁと・・・

知らない人がみたら「元気に歩いてるじゃん。なんで会社は行けないの?」って思われそうなのが怖いです。
うつ病で長期で休んでいる人がどこかに遊びに行くのをみかけたら「あの人は、嘘をついてサボってるんじゃない」って言われているのを実際に聞いたことあるし、私も逆の立場ならばもしかしてそう思ってしまうかもだし・・・
今思えば、それも含めて本人は頑張ってリハビリのつもりで外に出かけているのかもしれないし。
手足が不自由とか、外からみてもわかる病気と違って、本当の意味での苦しさは本人しか分からないので、理解をするってのはとても難しいなぁと思います。
私自身も家族の前以外だと、たぶん苦しくても隠すので・・・


ただ、復職の日が決まってだいぶ迫ってきたので出かけるのも気分的には楽になりました。
人に見られても、もうすぐ復職するから!と言い切れるので。
ただし、休んでいる理由をいちいち聞かれると説明するのが面倒なので、できるだけ会社に戻るまでは知り合いには会いたくないわ。
説明するのが面倒だし、疲れるし。

ということで、買い物は出来るだけ平日にしよう~!
2016-02-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

職場復帰に向けての準備

今日は久しぶりに会社に行ってきました。
診断書が提出出来ていなかったので、郵送してもよかったのですが、だったらリハビリがてら会社に来てちょっと面談しましょうって感じになったので行ってきました。
そもそも復帰に向けての手続き方法がよく分からないってのもあったし。

直属の上司ともうひとつ上の上司と同僚も含めて4人で復帰に関する冊子を見ながら考えたんですが、結果やっぱりよく分からず。
関係部署に聞いた方が早いねってことで結果は終わりましたが(-.-)
復帰日については、今週末までは診断書が出ているので、復帰は早くても来週以降だけど、来週いきなりは私が自信がまだないので22日からの週からってことでとりあえず話が落ち着きました。

100%を目指しているといつまで経っても復帰できそうにないから、とりあえずリハビリも含めての復帰かな・・・・
色々と心配事も多いけれど、会社に行ったらやっぱり自分だけのんびりしていられないなぁという気持ちにさせられました。

明日からますますリハビリを頑張らなくてはですが、今日は外に出たらあまりにも寒かったのでお散歩をやめてしまいました。
これじゃダメじゃん!
明日は今日ほどは寒くなさそうなので散歩行かなくちゃ!
あとは早起きの癖をつけなくては!

2016-02-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

手術にかかる時間


我が家はマルファン家系です。
父親は解離で亡くなっていますが、最近になって家族で「そういえばお父さんはどこが解離したの?」っていう話になったのですが、みんな記憶があいまい。
私は8歳だったので父親の記憶すらあいまいですが、中学生ぐらいになった時に母親から聞いた記憶では肩の下ぐらいって言っていた気がするのですが、母親は腹部だったと思うというし。
でも、私も姉も母親が言っていた記憶ではもっと体の上の方を指していたような気がするし。
35年近く経って、結論としては誰も覚えがないってことです(*´з`)

私も父親も心疾患が中心でしたが、甥っ子は整形に症状が出てしまったタイプです。
小学校に上がる前から漏斗胸の手術をしたり、背骨を固定する手術をしています。
同じマルファンとはいえ、私とはタイプが違うためアドバイスも出来ないし気持ちもわかってあげられるわけではありません。
外見でわかる側彎のような症状と、外見ではわかりにくい心疾患。
同じ遺伝子の病気であっても、同じではないですよね。
心疾患は「その時」を乗り越えれば普段は日常的な生活も可能だけれど、背骨を固定する甥っ子は日常生活には支障が出るわけで、その代わりに「命の危険」という意味では今はほかに問題がないので安心した生活は出来る。
叔母として精一杯の支えにはなりたいと思うけど、同じ病気なのにしてあげられることがなく申し訳なく思います。

昨日はそんな甥っ子の手術でした。
前回からだいぶ年月も経っていて高校2年生になって身長もそろそろ落ち着くだろうということでの手術だと思います。
8時間超もかかったそうでうが、無事に終わったようで本当によかった。
リハビリが今から大変かと思うけれど、これが最後だと信じて頑張ってほしいです。

私の手術時間も今回は8時間半ぐらいだったのかな?
前回もそうだけど、手術後には「○時間だったよ」と教えてもらったはずが、今は全然思い出せない。
自分が目覚めた時間も時計を見たはずだけど、なんとなくあいまいでしか記憶がないです。
ただ、手術前に先生にそのあたりは聞いたもののメモだけが残っています。
ほぼ時間通りだったと言っていたので、こんな感じだったのかな?

9時  麻酔
10時 開胸
11時 人工心肺準備
12時 手術
14時30分 人工心肺離脱
15時30分 止血
17時30分 閉胸
18時30分 ICU

説明を受けた時に「手術以外にこんなに時間がかかっているんだ~」って思いました。

手術を受けた方は、目を閉じて次に開けた時にはすべて終わっているのであっという間の時間ですが、待っている人としては8時間って長いんだろうなぁと思います。
時間通りに終わらなければ、何に手間取っているんだろうとハラハラしちゃうし・・・
最近は閉鎖不全も小切開という本当に小さな傷で終わってしまう手術もあるそうです。
医学の進歩はすごいね!
側彎についてももっと医学が進めばいいのにと私は思うのですが。。。

2016-02-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

退院後4回目の受診

今日は退院から4回目の外来受診でした。
先月の受診の際に、2月中旬から職場復帰をしたい話をしていたのですが、結果も問題なく最近は不整脈もかなり減ったので、あとは自分の体調と体力等で決めればいいよとのことでした。
本当は再来週から職場復帰しようかなと思っていたのですが・・・
毎日の散歩をしていて実感するのは、まだ来週1週間で仕事ができるだけの体力に自信がないです。
先生も、自分で「できる」と思ったタイミングで依頼してくれれば復帰証明書を出してくれるということだったので、来週以降の自分の体力をみながら復帰について考えないといけないなと思っています。

先週からお外への散歩を始めたのですが、家の中での足踏みとはやっぱり違いますね。
家の中は平坦だけど、外を歩けば登り坂も下り坂もある。
これが結構大変なんです。

最近は坂道を歩くようにしているのですが、登り坂はまだまだしんどい。
亀のような足取りで進んでます。。。
自分の足で進むのは大変です。
だいたいいつも同じ時間に出かけるのですが、ちょうど幼稚園の送り迎えの時間にあたるので、なんかちょっと恥ずかしい。
あの人いつもこの時間に歩いているよねと不審人物にされそうで(笑)

一昨日ぐらいから万歩計で記録を残してみよう!と思い、スマホにソフトをダウンロードしました。
普通の万歩計も持っていますが、スマホの方が色々と利用できていいですね!

Screenshot_2016-02-05-15-24-51_1.jpg

これはすごいー!って感動してます。
日々の記録が簡単にみれるので、今日より明日、明日より明後日という感じでやる気がでます。
ついつい必死になって頑張り過ぎちゃうのが私の悪いところでもあるのですが・・・

今日の受診結果を含めて、来週久しぶりに会社に行くことになりました。
診断書を持っていきつつ、上司と面談することになったので。
リハビリがてら会社に行ってきます。
そこで、復帰までの道のりを上司と一緒に考えようかなと思っています。
久しぶりの会社は緊張しそうだ~

2016-02-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

血圧だけが頼りです

毎日のお散歩をがんばっています。
最初は10分だけでしたが、今日は最高記録25分を達成。
歩いているときは結構しんどいけれど、家に帰って少し休めば大丈夫。
大丈夫の目安は血圧でしかないけれど、自宅で自分でわかるバロメーターはこれしかないですからね。

昔から「血圧を毎日計ってね!」と医者には言われ続けてましたが、血圧が自分にはあまり関係ない気がしてずっと血圧計を購入していませんでした。
購入したきっかけは、帯状疱疹になった時。
消費税があがった関係で仕事が超忙しくストレスもたまる一方だった時ですが、会社で血圧を測ったら160だったのをみて、自分でもびびりました。
普段がそれほど高いわけではないので、この数値は尋常ではないなと。

HEM-7200.jpg

その時にやはり家に血圧計がなくてはと思い購入しました。


入院中は最初はやはり血圧はだいぶ低くて、90を超えただけでも「よくなってきた~」って喜んでました。
退院するころには110ぐらいはあったかな?
私は高血圧で入院していたわけではなので、食事も減塩食ではなかったのですが、いちよ退院前の食事指導では減塩するようにと指導されて心の中では「味気ないし、美味しくないものなんて食べたくないんですけど・・」って思ってました。
思っていただけじゃなく、口にも出してましたが(笑)
高血圧ではないと主張してみましたが、健康な人でも減塩は心がけるべきと言われて、まあその通りなんで・・・

退院後は今まで以上に血圧計との生活がなくてはならないものになっています。
朝はもちろんだけど、ちょっと調子が悪いなと思ったとき、出かける前、出かけた後、お風呂の後などなど。
自分では分からない身体のバロメーターを血圧を見ながら行動しています。
血圧も大事ですが、脈拍も今は大事ですね。
退院直後は90台だったのが、最近は80台に。
調子はいい時は70台後半ぐらいになる時もあります。
入院前が60台後半から70台だったので、だいぶ近づいてますね。
脈拍の「パコパコ」って本当に気になるんです。
自己弁だから音はしないはずだけど、布団に入ると特に「パコパコ」する心臓の音が気になります。
ソファーにもたれてたりする時もかな。

リハビリの先生からは120を超えなければ気にする必要はないと言われたけれど、普通に生活していて100台の脈拍ってすごいしんどいんですけどね。
今はそこまで出ることはないけれど、退院直後ぐらいは時々100台が出ていて「しんどいよ!お前も経験したらわかるよ!」ってリハビリの先生に言いたいぐらいだった(笑)


最近は携帯型心電図なんてのもあるんですね。


心電図もこんな簡易なものが出来ているんだね。
そういえば、外科の主治医の先生は携帯型の小型エコー持ってました。
簡易的なものらしいけれど、エコーは予約しないとすぐには出来ないのですが、「これがあるとちょっとした時に見れていいんだよね」って言ってました。
調子がよくなくて急きょ外来にかかった時に、先生が簡易で使っていました。


そういえば、入院中にすごく思ったのが、24時間ホルターはめちゃめちゃ小さくて軽くなったのに、入院中に付けていたナースステーションに無線で繋がっている心電図の機械が超重かったこと。
10年前に入院した時とほとんど変わっていなかった気が・・・
自分の身体の重いのに、機械も重いし、点滴も重いしで、もっと小型化してほしいなと思います(*´з`)

2016-02-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。