スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

万博を横目に…

万博会場を横目にみながら友達の家に行ってきました。
時間短縮&体力温存のために、自宅から1分のところにあるインターから高速に乗って行って来たんですが、万博の関係で新しい道路が出来ていたりと久しぶりに走る高速はドキドキでした。
途中、卒業した大学の横を通るんですがここを通るたびに懐かしさがこみ上げます。
今日はその大学を一緒に卒業した友達の家に行ってきたのです。

新しく出来た「万博会場前」のインターから降りました。
つまりここを出る人はほとんどみんな万博目的!!
観光バスばかりに囲まれたよ〜!!
あとは、遠くのナンバープレートの人が多かった。
「行きたい…」と心で呟きながら会場を横目にみながら後にしました。

ちょうど万博から20分も走ってないかな?
ほど近いところに友達の新宅があります。
超デカかった。
実家がお金があるといいなぁ
年齢も私と同じだし、奥さんもバリバリ働いてますってわけじゃないし。
いろんな人の家に行くのが大好きな私ですが、同居の子はそれなりの家を建てているけれど、家族3人であの家はすごすぎる〜。
可愛い子供と素敵な旦那に恵まれていいなぁとしみじみ思ったよ。
最近、こんな日記ばっかりだな。

過去に離婚歴があって、その時の子供を前の旦那さんの家に取られてしまって、正直私としては彼女自身じゃなくて、彼女の残されたきた娘さんが気になって仕方がない。
お母さんは新しい家庭でこんなに幸せな生活を送っているのに、二人の娘さんは母親を知らずにこれから思春期を迎えるにあたって、どういう気持ちなんだろう…
親をにくんだりしてないかなぁ。
自分の生い立ちを悲しんでいたりしないかなぁ。
いろいろと子供を取り返す努力をしたみたいだけど、もっともっと必死に土下座したっていい殴られたっていいからって気持ちで子供を取り返しに行って欲しかった。

夕方、帰りは道をかえようと瀬戸会場の近くを走って帰りました。
上をゴンドラが通っていて、またしても「乗りたい…」という気持ちがいっぱいに。
この辺りは民間の駐車場がいっぱいあって、今からひとりで行ってしまおうかって迷ったけれど、自分の身体を考えて諦めました。
手術後じゃなかったら、絶対に寄っていたと思うよ!

誰かと一緒だと安心だけど、自分のペースで見ることができないから、一度ひとりで万博にはいこうかなって思ってます。
ひとりなら疲れたら休めばいいし、帰りたくなってもすぐに帰れるし。
ぼんやりゆっくり見るのもいいかなって思って。

次回、チャレンジです!
スポンサーサイト
2005-06-02 : 生活 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。