スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

車椅子で万博は問題あり?

昨日、車椅子で万博に行ってきました!と日記に書いたところだけど、いろいろなHPを見ていたらやはり賛否両論あるみたいですね。

確かに一生懸命長い列を並んでいる人にとっては優先で入っていく人をみたらいい気持ちはしないはず。
さっきまで車椅子の人が歩いているのってやはり「ずるしてる」って思われちゃうのかな。
だったら私も一緒だよ。
毎日30分の散歩をしてるからゆっくりなら歩くことも出来るし、無理しなければきっと万博も歩けるはず。
でも、一日いるなんて絶対無理だし何時間も立っているのも絶対に無理。

でも、見たい。
でも、歩ける。

そういう人を普通の人がぱっとみたら「あの人は歩けるのに車椅子に乗っている」って思われるんだよね。
首に「私は内部障害者です」と書いて診断書でもぶら下げておけばいいのかしら?
それともそんなカラダの弱い人は来ないほうがいいと言われるのかしら?
どうやった理解されるのかな…

「手足が不自由=障害者」という概念をやめて欲しいと思います。
ぜひこの機会に「内部障害」という障害も理解して欲しい。
それと同時に本当に車椅子を悪用して優先で入ろうとしている人がいたらやめて欲しいです。

実は友達に土曜日に家族と万博に行った話をしたら「言ってくれたら車椅子押してあげるよ」と言ってくれました。
「歩けないわけじゃない」私の車椅子を押してもらうなんて、友達に対しても自分だけ楽をしてるみたいで申し訳ないないなって思っちゃうんだよね。
自分は座っているだけでも、押す方は歩いて押してですごく体力使うからね。
私も、自分の母が自分の車椅子を押して坂を息を切らしながら押してくるのをとても申し訳ないと思ったもの。
本当ならば逆にならないといけないのにね。

もしもこれから万博に行く人で「あの人はさっきまで歩いているのに車椅子を借りていた」っていう人がみたら、なかにはこういう人もいるって事を理解して欲しいと思います。
普通に歩いていたって、カラダは結構悲鳴をあげているのよ〜!

スポンサーサイト
2005-05-23 : 病気 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。