スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

初買い物&入院日記はまだ中盤

今日は、近くのお店に買い物に行きました。
まだ運転は怖いのと車が死ぬほど汚くてとても乗れたものじゃないので、母と一緒にお出かけ。
いちよ自分の車のエンジンはかかりましたが…
来月は初車検だよ!リサイクル法だと!?許せん!!
いったい、車検にいくら要るんだよ〜!?
あまりの高さにディーラー車検にしようか民間に任せようか迷い中。
ちなみに免許更新もしてないしぃ。

さて、今日は快気祝いを買いに行ったのですが心底疲れました。
1時間もお店にはいなかったと思うのですが、最後はエレベーターに乗るのも面倒だった。
本当はコピーしたり本屋に寄ったりドラッグストアーにも行きたかったけど、とてもとてもそんな状態ではございません。
午後からは久しぶりに寝ました。
基本的に昼寝は嫌いです。
元気だったときも、今もめったにしないようにしてますが、今日は久しぶりに寝てしまいました。
もうかなり復活した気分でしたが、今日のお出かけで全然ダメな自分を実感。
家の中と、外の世界では差があることがよく分かったよ。

---

3月22日(火)



昨日の夜は全然寝られず今日は一日頭痛に悩まされた。

おかげで寝てばかりでリハビリもあまり歩けず。なかなか前に進めずモドカシイ毎日。いっつもどこかが痛い気がするし…



しかし、昨日は最後の「異物?」だったペースメーカーが外れた。

徐脈になった時に使うという説明だったが、もちろん使わずにすんだ。

しかし、これも外す時は非常に痛かった。

痛いというか、カラダの奥を引っ張られるというか…

なにせ、お腹のところか心臓までコードがくっついているのを外から引っ張ってはずすのだ。

最初、このコードはどうやって外すのかとても不思議だったが、こんなに簡単にカラダの中から外すとは思ってもいなかった。

細くて小さいくせに、外される時はカテーテルで中を触られるときみたいに気持ち悪かった。

使う事がなくて本当に良かった。



そんな中、今日は外来の看護婦さんが来てくれた。

私が精神的に落ち込みどうしようもなくなった時に励まし支えてくれた人だ。

外来で看護婦さんの前で大泣きした時のことを思い出し、思わず泣いてしまいました。

手術後、初めて泣いた。

でも今は同じ涙じゃないけど…



あの時、ずっと頷いて私の支離滅裂な言葉を聞いてくれた看護婦さん。

「Marfanの子供が生まれたら可哀相だから子供は産みたくない」という私の言葉に、子供を持つ母親として切ないとそのときだけ一緒に泣いてくれた。

今でも、その気持ちには変わりはない。

その言葉を「後ろ向き」だという人もいるだろう。

自分は生まれたことを後悔はしてないし、病気を持ったことで親に恨みを感じているわけでもない。

ただ、親をMarfanで亡くしている私には、子供が病気で苦しんでいる時に、自分が長生き出来なかった時のことを考えるほうがツライ。

それでもやっぱり子供がほしいという気持ちも捨てられないというのも事実。

複雑なこの想いは一体どこにたどり着くのだろう?



今日は初めてシャワーを浴びた。

思わずよろけてナースコールを押してしまったりとすったもんだもあったけれど、手術後初のシャワーは本当に気持ちが良かった。

しかし、鏡に映る傷跡を見るのはやはり嫌なものだ。

あまりみないことにした。

シャワーを浴びてまたぐったり。



でも綺麗な身体になって気持ちはすっきりした。
スポンサーサイト
2005-04-18 : 入院 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。