スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

こんな病院あったらいいな?

病院選びは難しいです。

先生の技術で選ぶのか?
病院の規模で選ぶのか?
病院全体の看護体制で選ぶのか?

特に、今のように情報が割と手に入りやすい環境では(ネットや書籍を通じて)非常に嬉しいことだけれど、それだけに悩んでしまうものでもある。

3歳検診で僧帽弁閉鎖不全と診断されてから、今までいくつかの病院をわたってきました。

3歳から12歳までは父の仕事場から近いことからM城病院を、中学入学時に足の手術を行ったことと学校をあまり休む必要がないようにという親の考慮から近郊のT病院(今のT記念病院)、その後、18歳で肺気胸で手術し、マルファンにもっと詳しい病院に転院をということで、当時姉が在学していたF衛生大学病院へ。
しかしF大学病院の看護体制に疑問を感じ、家族が勤務するT記念病院に今年の1月に舞い戻りしてきました。

それぞれ、長所短所があってすべてを網羅するのは難しいです・・。
愛知県は東京や大阪ほど医療機関もこれだ!っていうのもないけれど、田舎に住むより選択肢は多いし、すごーく中途半端だなって今になって思います。

それはともかく、入院していてこれが欲しいよ!と思うもの。

「いろんな物がたくさんあるスーパー」
意外と、病院内のスーパーってたいしたものなかったりするんだよね。特に書籍関係は充実させて欲しい。
「レンタル図書館」
書籍やマンガが入院患者が自由に借りられる。これぐらいしか、時間つぶしできないけれど一日1冊買ってるとすごいお金かかるんだよ。
「レンタルショップ」
テレビデオなら、ビデオやDVDも見れるでしょ?長期入院者も最新の音楽事情がわかるし。これもいい暇つぶしになる。

病院経営は大変なところに来ているみたいだけれど、患者としてはこんなものがあったら嬉しいです。
こんな病院あったらな?
スポンサーサイト
2005-01-28 : 病院 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。