スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

何を信じるべきか。

8日間の入院生活も無事に終わりました。
入院した時は、これでよくなるかもという期待、途中から病院の待遇への不安・不満、早く退院して元の生活に戻りたいという苛立ち・寂しさ、自分の病気に対する哀しさ、最後には病院に対する不信感や腹立ちなどなど。
たった8日だったけれど、本当にいろいろ考えちゃったよ。

私はいままで3つの病院を経過してきて、18歳からの約14年間ずっと今の大学病院にお世話になって来て、特に不満もなく先生も権威ある人だと思って完全に信頼していたし、病状も全く進行しなかったこともあって、病院に対してはかなりの信頼を持っていました。

しかし、自分が患者会に入っていろいろな情報が手に入るようになると自分が今まで経験した治療法や検査方法が他の人たちと違うことに気付くこともあり、今まで全く見えてこなかったことが見えてきたことにより、今まで感じなかった病院への「不信」というのを感じるようになりました。
今回の入院もいろんなことがあって更にその「不信」は募ったかな。

ただ、きっと患者会に入っていなければ気付かなかったことなのかもしれない。

気付いたことが「いい事」であるのは間違いないけれど、でも情報が多くなればなるほどなんだかだんだん何を信じていいのかよく分からなくなってきてのも事実。

なんだか何がいいたいのかよくわからなくなってきた。
今回の入院ではいろんな事を考えました。
同室の人たちはとてもいい人ばかりでかなり考えさせられることもいっぱいあったし。
また少しずつこの日記にも残していきたいです。
スポンサーサイト
2004-12-21 : 入院 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。