スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ひとり暮らし

東海地方では台風はあっという間に過ぎていってしまいました。
結構大きいと聞いていた割には、雨がいっぱい降っただけで終わってしまった。
ほかの地域ではどうだったのかな?

大雨が降りしきる中、すごく久々に母と出かけました。
いっしょにすんでいる甥や姪が大きくなったら部屋が足りないという話から前から考えていた「ひとり暮らし」について話してみました。

いろいろ言われてしまいましたが、結論的にはダメだということで…。
分かりきっていた答えだけれどね。

今の給料ならば少ないながらもなんとかやっていけると思うし、障害者なので市営も安く入れるし、そういうのを考えたうえでプランを話してみたのだけれど、
「一度家を出たら二度と戻ってこれないと思いなよ」
と言われるとやっぱり決断はつかないね。

私はこのままずっと姉や義兄や母の世話になっていくのはやはり少し抵抗があって、自分なりに自立したいと思ってはいるけれど、普通の人と違うのは「一生働けるという保証がまったくない」ということで、確かにそこを突かれるとなんにもいえないんだよね。

母も姉も一生私の面倒を見ることを視野に入れながらお金をためていることも知っているし、知っているからこそ、一生こうやって重荷になっていくのならば、一時的でもいいから自分で生活したいという想いもあったり。

それを親に伝えるのはなかなか難しく、自分も上手に言葉では伝えられないです。

最後は金持ちで子供いらないと言ってくれて優しくて家事もしてくれて背も高くかっちょいい人と結婚するしかないのかしら!?
…それが一番難しい。
スポンサーサイト
2004-10-11 : : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。