スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

私が学んだもの


哀しいぐらい私は何もしていない。
あの日から1年経って、私自身が東北の人のために出来たことはなんだろう。
本当に申し訳ないぐらい何もできていない。




だから、学ぼう。
自分が同じ境遇になった時に、自分ができることをすることで。
それぐらいなら非力な私でも出来る。




「お水をたくさん買いました」
自分ひとりが1週間ぐらいなら持つぐらいの量を常備してあります。


「携帯用トイレを買いました」
トイレは切実です。
特に女性の人はなんとかなるなんて安易なことは考えないほうが絶対よいです。
道端で出来ますか?
自分を守りたければ、自分で守る。


「携帯用充電バッテリーを買いました」
携帯があれば情報収拾できる、連絡がつく、ラジオが聴ける、テレビが見える。
だけど充電が切れたらすべてが終わる。
だから充電用バッテリーを買いました。
2、3回はフル充電できるようなので最低限の利用は出来るはず。



「電池をいっぱい買いました」
東北の震災後にはこの地域でも電池が手に入らなくて困りました。
切れることがない程度に補充したのと合わせて、エネループも買いました。
1ヶ月たっても電池が手に入らない可能性は高いけれど、電気さえ通ればエネループがあればなんとかなります。



「ガソリンを出来るだけ満タンにしました」
田舎なので車がないと身動きがとれません。
ガソリンがなくなることも今回の震災でよく分かりました。
今までは赤ランプが付くまで給油しなかったけれど、今は半分を切ったら給油してます。
エンジンがかかればいざとなれば周りを照らすことも、暖を取ることも、携帯の充電もできます。






日頃からある程度の備えはしています。
家の中と、車の中にそれぞれ備えてあります。
車の中においてあるのは出先で震災にあう可能性もありますからね。
それでも、どこかで他人事のように感じていた「震災」という大きな意味を理解したのが『3.11』でした。








いざという時に自分を守れるのは自分です。
他人を責める前に、自分で自分を守らなければならないと思っています。
特に、関東・東海で同じ規模の震災があれば、被害は想像をはるかに超えます。
きっと食料であれ、生活用品であれ隅々までいきわたるのは難しいと思います。
混乱も、暴動もおこるかも。




東北の人に対して出来ることはとても少なく少しの義援金ぐらいでしか私には何も出来ません。
その代わりに、悲しみや苦しみの中で得たものを自分に返す努力をします。
ただ、テレビをみて「かわいそうだ。大変だ」と思うのではなく、自分自身の中で生かす努力をします。
約束します。







スポンサーサイト
2012-03-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。