スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

今日は考える日でした

今日は仕事じゃないけれどお仕事みたいなものです。
今年から会社の組合の担当になったので今日は1日初期研修でした。
昔はみんな泊りがけでやっていたみたいですが、最近は事務部門は日帰りが主流みたいです。
工場は大抵泊まりみたいですけど。


正直、研修を受けるまでは「やらされる感」がとても強かったのですが、色々と話を聞く中で自分達のための活動なのにそういう気持ちではダメなんだなと思いました。
私が今の会社を選んだ理由が3つあります。
家から近い、通院している病院から近い。
残りひとつは組合があることです。
これは面接の時の志望動機でも言いました。
普通は会社のことをもっと話すべきなんだろうけれど、私自身のことを考えた中では会社の規模や業務内容も大事だけれど、なによりもこの3つはとても大事だったからです。


長く続けるためには身体に一番負担のなく仕事をこなさないとまたみんなに迷惑をかけてしまうから。
前の会社で辛かったのは、自分は体力的にもみんなと同じような残業も出来ないし、土日出勤や転勤も免除してもらっていたし、出張等も考慮してもらってました。
でも、それが周りの負担になっていることも感じてました。
私が1時間残業すれば、一緒に働く同僚は1時間早く帰れるはず。
本当に忙しい会社だったので、私自身も繁忙期は21時22時まで働いてましたが、毎日それをやるのは無理なので周りが働く中で19時ぐらいに帰る事も。
上司も考慮してくれたし、みんな事情が分かっていたので誰も文句なんてもちろん言わなかったし、逆に帰るように気を使ってくれていたけれど、それが本当に申し訳なくて・・・
自分が立場が上になると、後輩は働いているのに私が帰るのがとても申し訳なかったです。
辞めた年は年間で420時間の残業してましたが、誰よりも一番少なかったというのが現状です。


前の会社も家から近かったからこそ出来たことでこれが通勤に1時間かかっていたら無理だったと思う。
そういうのもあって、やはり家から近い、病院が近ければ年休じゃなくて半休ですむ場合も多いので両方が近いってのは一番の魅力です。



最後のひとつである組合は私には病気を理由に切られてしまった過去があるから。
自分の代わりなんていくらでもいるし、仕事は待ってはくれないからね。
仕方ないことだけれど、またいつか同じことを繰り返される恐怖はありました。
前の会社ではリーマンの後に業績が悪化して多くの人がリストラにあって。
一緒に働いていたメンバーも何名もリストラされた事実を聞きました。
もし前の会社でそのまま働いていたら、私なんて最初のリストラのひとりになっていたかも。



そういう恐怖から守ってくれる存在のひとつが組合なんだと思います。
今日はみんなで色々ディスカッションしたりしたんだけれど、自分たちが会社のために何が出来るのかどういう提案をしていったらよりよい関係が築けるかってのを考えて訴えるのが私たちの役割であって、どうしても賃上げ交渉だけのイメージばかりだったんだけれど、それは間違っていたなと認識しました。

2年の任期は長いけれどしっかり役目を果たさないといけないね。










おかげで、昨日から始っている楽天優勝セールに完全に取り残されたのだけが悔いが残ります(ーー;)





スポンサーサイト
2013-09-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。