スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

病院食について

入院中の私の三大苦は「寝る」「食べる」「立つ」
最初はこの3つが全くできなくて、でも周りの期待も感じて非常に苦痛でした。
「立つ」ができれば、車いすい乗れます。
車いすに乗れれば、自分でお手洗いに行けます。
ということで、まず最初に頑張ったのは「立つ」ことですね。
でも、しばらくはこの行為ですら苦しかったなぁ。

「寝る」については、前日書いたようにあきらめてました。
だって、努力ではどうにもならなかったんだもん。
眠くないものは、どんなに頑張っても眠くない。
そもそも頑張って寝ようと言われるたびに、それってどうやるのよ!?って思ってたけど。

「食べる」については、「立つ」こと同様で自分の努力もあるので頑張りました。
でも、最初の10日間ぐらいは吐き気がひどくて、食事を見ただけで気持ち悪くなるので、食事が運ばれてくるたびに気持ちが憂鬱になりました。
フルーツはなんとか食べれたので、家族が色々とフルーツを持ってきてくれたのですが、前の日に食べることができたキーウィが次の日には見るのも気持ち悪くなったりして、自分が何なら食べたいのか、何なら食べられるのかが、食べてみないと分からないことも多くて、欲しい物って聞かれるといつも困っちゃいましたね。

ちなみに私は高血圧や糖尿病もないので、途中からは普通食に変わってました。
なのでそれなりに塩分控えめな病院食ですが、心臓食ではなかったのでまだマシでしたよ。


CM151129-182100003.jpg

CM151127-180040001.jpg

正直いって美味しいわけじゃないけど、まずいわけでもないって感じかな。
術後は完食できた日は1日もなかったです。
なんとなく味がはっきりしないものは、気持ち悪くなることもあって選んで食べてたし。
最後の1週間ぐらいはおなかがすく感覚はあったから食事が来るのが楽しみだったけど、いざ目の前にするとそれほど食べられなかったりもします。
そういえば、1度だけ家族にチョレギサラダと焼きそばを買ってきてもらって食べました。
昼前に電気ショックを受けることになってしまって、お昼を食べ損ねたのとかなりその日は調子が悪かったので、看護婦さんに食べたいものを食べてもいいかと聞いたら許可が出たので、買ってきてもらいいました。
これは美味しかったなぁ。
やっぱり、病院食って薄味なんだろうね。

あと、今回驚いたのはこれです。

CM151129-182141001_1.jpg

スポーツドリンクみたいなものらしいのですが、手術の前日の夜ごはんの後、眠る前に2本飲んでくださいってことで飲みました。
味は普通のスポーツドリンクと同じです。
驚いたのは私は9時に手術室に入ったのですが、朝食代わりに朝7時までに同じく2本渡されて飲むんです。
昔は術前は絶食が当たり前でしたが、絶食によるイライラとかを収めるのと、術後のエネルギー補給になるみたいです。
確かにこのおかげでおなかは空かなくてすみました。


もうひとつのサプライズはクリスマスの日の夕食です。

15-12-25-18-47-24-456_deco.jpg

クリスマスカードと友にお肉とケーキがついていてびっくり~。
クリスマスの日に寂しく病院食を食べる患者にとっては、こういうのはなんかホッとしますね。
ちなみにネットで検索したら最近はお正月はおせち料理が出たりするんだって。
病院食のおせち

早く退院したいって思ったひとつはとにかく食事に飽きたこと。
好きな物食べたい、刺身食べたい、ラーメン食べたい、カレーライス食べたい・・・
昔に比べたら病院食もとっても美味しくなっているのは事実です。
でも、やっぱり家でご飯が一番だね。
スポンサーサイト
2016-01-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。