スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

社会と自分


昨日は会社の仲間が3人お見舞いに来てくれました。
ケーキを食べながら「なんか変わったこととかあった~」なんて感じでいろいろと話を聞いたりしました。
社内でちょっと衝撃的事件が起きていたのはびっくりでしたが・・・
そんなにたくさん私自身は話をしていないのに、昨日は友達が帰ったあと久しぶりの絶不調。
寝る前も不整脈がなかなか収まらなかったので、22時には就寝しました。


長い休みを取っていると、自分が社会から切り離されているのを感じる瞬間が時々わいてくるんだよね。
みんなが進んでいる中で自分だけがずっと「同じところ」で立ち尽くしている。
みんなが当たり前のようにできて「これっぽちの疑念」さえないことを私にはできない。
人と会うのは怖いなと時々感じるのは、みんなが来てくれて嬉しい反面、立ち止まって見送る自分とは違って社会の中で先に進んでいる人を見るのが怖いと思うことがあるから。

10年前にも同じように悩んで苦しんだのに、そんなことは社会復帰して普通の生活が始まってしまえばすっかり忘れてしまうのだけれど、その時その瞬間はきっとみんな同じように悩むことがあるのかなと思います。
だから、手術する前に、同じように病気や手術を経験した人のブログをたくさん読みました。
それぞれの性格や持っているバックグラウンドによっていろいろ違ってはくるんだけれど、共感できる部分がたくさんあって励まされることも多かったです。

どこかで前の自分とは違うので何かを切り捨てなければならないものが必ずみんなあるのだと思います。
それを受け入れるのはとっても苦しい事だけど、切り捨てた自分を自分として認めないといけないんだと思います。
その自分とこの先の人生をどう向き合って生きていくのが大事で、それは自分達のような人間が社会とどうやってかかわって生きていくかってことかなと。
いろんな人のブログを見ると、自分を受け入れ社会で受け入れられる人もいれば、自分を憎み社会を憎む人もいる。
どっちの気持ちもわかるなぁ・・と思いながら読んでます。


退院後は出来るだけブログを書いているのは、自分への記録が一番の目的。
あの頃はこんなんだったてのを振り返って、また前に進むために。
同時に、自分の経験が私が今回したようにちょっとした検索とかで引っかかって見に来た人がいれば、何かの役に立てればとも思います。


今回まだ冬でよかったなと思うのは、きっと私の性格上、天気がよい日に家でじっとしている自分が許せなくなると思うから。
この時期はみんな冬眠しているし、私もいつも冬眠しているので(笑)
すこしずつカラダが自由に動けるようになると同時に、それなのに動けない自分のフラストレーションともうしばらくの闘いです。

スポンサーサイト
2016-01-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。