スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

気づいた時にはER(救命救急センター)


昨日久しぶりに遅くまでテレビを見ていたせいか、今日はなんとなく体調すぐれません。
今回の経験から、血圧や脈拍が問題なくても、感染による人工血管や人工弁への影響がわかったこともあって、体調に対する不安は今までとは違っています。
もしかして再発したかもという恐怖はどこかで終わりがあるのかな?
ガンや白血病と闘う人たちの気持ちがほんの少しだけ分かった気がします。
無理をしなければ再発しないっていう病気でもないし、こればっかりは「運」でしかないんかな・・・

******************************

前回の続きになりますが、体調不良はあったものの決定的な問題がなかったので、次の外来受診の4/29まで病院に行くつもりはありませんでした。
4/17の日曜日に前回の手術以来久しぶりに美容院に行ったのですが、長い間座っていなくてはならなかったりで思いのほか疲れて家に帰ったらそのまま何もする気がなく、倒れこむように眠ってしまいました。
翌日は仕事に行くつもりでしたが、まだ疲れもあるし生理痛もあったので休んでしまおうかなぁと・・・
火曜日は出勤したのですが、どうもイマイチだったため、午後から帰宅。
水曜日は頑張て1日出勤しましたが、午後からかなりしんどくて、半分ぐらいは休憩室で休んでました。
17時の定時前にはもう寒くて寒くて、車に乗ってから超暖房をつけて震えながら帰宅。
何もする気がせず、食べる気力もなく。
木曜日は朝起きることもできなかったので欠勤。
昼過ぎからはさらに体調が悪くなって、熱を測ったら39度超。
しかし、風邪薬を飲んで寝たら、翌朝の金曜日には平熱に戻っていました。
金曜日は出勤しようか、かなり迷いましたが欠勤の連絡を会社にしました。

このままゆっくり寝てもよかったのですが、ちょうど金曜日が心臓血管外科の先生の外来日だったことや、出勤と欠勤を繰り返して迷惑をかけているので、ちゃんと病院に行って問題ないというお墨付きをもらうか、もしくはしっかり休むという診断書をもらうかなど、何らかのことをしなければ会社に対しても失礼かなと思い、急遽外来予約を入れてもらいました。

いつも通りに診察してもらったわけですが、先生が持っている小型の簡易エコーの画像を見た後に急に先生が「循環器内科の先生にも診てもらおう」と言い出して、しばらく外で待たされることに。
再度呼ばれた時には、「循環器内科の先生と話をつけてきたので、今から・・・に行って下さい」と言われて、「????」の状態な私。
実はその時に先生の言葉がよく聞こえなくて、どこに行けばいいのかイマイチ分かっていませんでした。
で、気づいたら車いすに載せられて「ER(救命救急センター)」に運ばれてました。
この時点でも実はよく事態を把握出来てなかったです。
なぜ外来の循環器内科でなくて、ERに連れてこられたんだろう??
ちょうど知り合いの先生とかがこっちの担当だったからかなぁとか。
その程度のことだとばかり思っていました。。。



スポンサーサイト

tag : 感染性心内膜炎 病気

2016-06-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。