スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

高熱と抗生剤の日々


今日は午後から少しだけお出かけに。
クリーニングにちょっとだけ冬物を出しに行ったのと、ドラッグストアに買い物に行ってきました。
両方とも車で行って、ちょこっと寄って帰るだけでしたが、体調もそれほど悪くなくていい感じです。
この調子ならば職場復帰は意外と早くできるかも!?
8月のお盆前に復帰をしないと休職扱いになっちゃうそうなので、それまでに1日でもいいから出勤できるようになれるといいと上司からは言われています。
休職になると、今まで会社で積み上げしてきた個人年金が解約になってしまい、利率がグッと下がるので・・・
それが理由か(笑)!?

******************************

入院した当日に、早速抗生剤の点滴が始まりました。
その時には可能性の話だけされて、結果が分かってからではなく、可能性が少しでもあるならばすぐにでも治療を始めましょうってことで、抗生剤の投与が始まりました。
ただ、この時点では私は病気自体は全く理解出来てませんです。
なんかよく分からないけれど、とにかく点滴で身体の中で悪さをしているヤツを倒すんだなってぐらいの認識でした。

しかし、この日の夜からだったかなぁ。
ものすごい寒気と、ものすごい高熱を繰り返すようになりました。
これは手術日までずっと続きました。
特に寒気がすごかった。
布団を3枚かけてもらっても全く暖かくなりません。
身体の震えが止まらなくてすごい体力を消耗します。
それがなんとなく収まってきたなぁと思うと、次には高熱が襲ってきます。
38℃を超えたぐらいに解熱剤をもらって飲んでました。
解熱剤を飲めば1時間ぐらいで熱は下がります。
37℃台だと、まだこれから上がってくる可能性が高く、この時点で飲むと効き目が悪くなるので、ある程度上がるまで我慢しないといけないのが結構しんどかったです。
この、悪寒と熱が1日に2回ほど定期的に来てた感じです。
次の寒気が来るまで、2、3時間ぐらい間が空くのですが、そこだけが話をしたり検査をしても大丈夫な時間でしたね。
高熱や抗生剤の影響もあり、食事もほとんど食べられなくなっていました。
入院の日から手術まで10日ほどありましたが、ほとんど食べてなかったと思います。

この10日間は精神的にも肉体的にもとても辛かったです。

スポンサーサイト
2016-06-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。