スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

手術室にGO!した日


病院にいた時は、看護師さんたちや同室の人たちなど色々と話をする機会も多かったけれど、家に帰ったら全く人と話さなくなってしまいました。
一人暮らしってやっぱりこういう時に哀しいね~。
おかげで、声がイマイチでない。
長い休みなんかで2、3日誰にも会わなかったりすると声が出なくなるんだよね。
前回はせっかくの機会(?)だし、家でゆっくりしようと思っていたけれど、今回は早く職場復帰がしたいです。
まだまだ10分の散歩で息切れしているようでは、ダメダメですが・・・

******************************

手術日が決まったもの、今回はスマホを取り上げられてしまったので職場以外には全く連絡が出来ていませんでした。
そこで、看護婦さんにお願いして少しだけスマホを使わせてもらえることに。
メールとLINEだけなら30分ぐらいこっそりやってもいいよと言われて、カーテンの中でひっそりと打ちまくってました(笑)

手術をすると決めてから4日間しかなかったのですが、決めてからは割と落ち着いていたと思います。
ICUから直接手術室に入ったのですが、循環器内科の先生方の回診時だったこともあり、先生達にも見送られて、ICUの看護婦さんたちにも見送られて、一番驚きだったのが担当医の先生までもが、手術着でお迎えに来てくれたことです。
看護婦さんたちが「こんなこともあるんだね~」と珍しがってました。
ということで、先生と一緒に手術室へ。

しかし、今回ちょっとしたハプニングが。
実は麻酔がイマイチ効いてなかったんです"(-""-)"
本番の手術はもちろん効いてましたよ!
最初の点滴をしてもらって眠ったことまでは確かだったのに、しばらくしたら目が覚めてしまったのです。
一瞬、手術が終わったかと思ったよ。
しかし、まだ前処置の途中で右手の点滴を麻酔医の人たちだと思いますが、針を刺しておりました。
そこで目が覚めたのです。
正確には意識はあるけど、目はほとんどあかない。
そして、身体は全くもって動かないという超中途半端な状態です。
なので、点滴の針を刺すのが痛かった(涙)
だって、意識あるんだもん。。。
たぶん、みなさん意識がないと思っていたことでしょうね。。。
ただ、意識が戻ったのはその一瞬だけで、そのあとはまた眠ってましたよ。
もちろん手術が終わるまでね。

その時の話は、一般病棟に戻ったころに麻酔医の先生に話をしました。
実は気になっていたことがあって、手術前の身長測定の数値が気になっていたんです。
看護師さんと一緒に計った際に「前の時からずいぶんと縮んだね~」って言っていた記憶があって。
前の時って数か月前だし、体重はともかく身長なんて変わるものでもないから「??」って思ったんだけれど、あまり気にしてませんでした。
そのことを思い出してカルテを念のため確認してもらったら、身長がマイナス5cmになっていた(-.-)
おいおい!!!
たぶん、看護師さんが見間違えたんでしょうね。
私もあの時にちゃんと確認しておけばよかったのです。
これがあの時のイマイチ麻酔が効いていなかったことと関係あるのかはわかりませんが、体重と身長は麻酔にはとても重要なデータであることには間違いないので、気を付けてほしいものですね。

そんなこんなで、本当の目覚めは翌日の朝型でした。
前回は当日の夜だったんだけどね。
今回は手術に12時間かかったということでした。
先生も、待っている家族も大変だったかと思います。
そして、目覚めた私を待っていたのはお決まりの「人工呼吸器」との闘いでありました(*´з`)

その話はまた後日~
スポンサーサイト
2016-06-27 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。