スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

意外と快適だった集中治療室生活


前回の自宅療養の時にも、せっかくのお休み(?)なので、色々としたいなと思いつつも、結局何もできないままに終わってしまいましたが、今回も同じくあっという間に終わってしまいそうな予感がします。
平日ランチとか、ぶらぶら買い物とかしたいんだけどね。
服も買いたかったけど、体重が戻らないこの状態で購入したら、きっと数か月後には着れなくなります(*´з`)
今日は久しぶりにふるさと納税のHPを見てみました。
ハンバーグとかレトルトカレーとか、復帰後に便利に使えそうなものを頼んでみようかな。

******************************

人工呼吸器ってなんであんなに苦しんでしょうね。
呼吸を助けていると思うのですが、「おえおえ!」って感じで、今回も苦しみました。
「先生が8時頃には来るのでその時に抜けると思うよ」という看護婦さんの言葉に、今何時だよ!?って心で叫んでましたが、たしか朝4時ぐらいに目が覚めたんだと思います。
人工呼吸器さえ抜ければ、あとは大したことないんだけどね。

今回は集中治療室に1週間おりました。
相変わらずここは快適です。
綺麗だし、意外と静かだし、看護婦さんたちはあれもこれも全部やってくれて優しいし。
私の入院していた病院は集中治療室が3つに分かれていて、ERで来た人でも症状が軽い人がはいるHCUと、症状が重い人が入るICUと、私のような予定手術の重症患者が入るGICUがあります。
GICUは昨年12月に新設されたので、器具も最新だしキレイです。
前回の手術では第1号の患者として私は入ったわけですが、またまたここに戻ってきてしまったので、看護婦さんたちも覚えていてくれたみたいです。

今回、1週間の間に2回も髪の毛を洗ってもらいまいした(^^)/
4/15に入院して以来、お風呂も入ってないし髪も洗えないまま手術になってしまったこともあったと思いますが、寝たままですが2回ほど髪を洗ってもらいました。
他にも足や手も泡洗浄してもらったし。
それだけでも気持ちがすっきりしました。

気持ちがすっきりしたのとは裏腹に食事後は結構吐いていたんですけどね(-.-)
食欲は全くないけどなんとか頑張って口に入れても吐いてしまう。
一番の問題は、薬を飲んだ後に吐いてしまうこと。
今回は抗生剤の点滴と薬剤が非常に重要な役割をはたしていたのですが、その薬も一緒に吐いてしまうこともあって、苦労しました。
しかし、全体としてはキズの痛みも少なく、それほど苦しかったわけでもなかったので、意外と快適(?)な集中治療室生活でした。
術前にお世話になっていたHICUの看護婦さんたちも「頑張ったね!」と励ましに来てくれたり、前回と違うのは循環器内科の先生達にも術前にお世話になっていたので、かわるがわる励ましに来てくれたりしたのがとても嬉しかったです。

そういえば、一般病棟に戻ってかなり後に偶然にICUの看護婦さんに会ったのですが「背が高かったんだね!!」と驚かれてました。
確かに、寝てるか車いすに座っているかの姿しか見せてないからね。
「歩けるようになったんだ~」ってとても喜んでました。
今回は術前と合わせて集中治療室とには、17日もいたので、本当にお世話になりました。



スポンサーサイト

tag : 感染性心内膜炎

2016-06-29 : 病気 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。