スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

にわかサッカーファン

ワタクシもにわかサッカーファンです。


元々スポーツには全く縁のない生活。
水泳は小学校からすでにやっていなかったのですが、それでも体育の授業は普通に参加。
中学に入る前に足の手術をしたおかげで、中学は体育は半分ぐらい参加。

でも、さぼりの性格がこの頃から出始めて、寒かったり嫌な競技だと保健室に逃げてました。
適当に調子が悪いとかいって。
当時はまだ体温計は電子じゃなくって、水銀の体温計だったので、「トントン」と後ろからこっそり叩けば簡単に体温計なんて温度が上がります。
失敗すると水銀が分離してばれちゃうんだけれど。
よく、その手を使って「熱があるから帰ります」って帰ってました。
うちは母子家庭で母親はもちろん働いていたので、迎えにきてもらうなんてとんでもなかったし、学校も事情が分かっていたので、普通に自分で自転車乗って帰ってたので、親も知らなかったと思います。
高校も半分ぐらいは参加してたかな?
元々進学校なんで、体育の授業が極端に少なく、そして結構適当だった気が。
ちなみに高校3年生の前期はほぼ入院していたため、体育どころか学校にもまともに行ってないんだけどねー。


まあ、そんな身の上はともかく、「運動」や「スポーツ」とは全く無縁の生活をしてました。
父親がいなかったせいか、野球を見たりというのなかったし。
社会人になってから、会社の人に連れて行ってもらって野球観戦したり、今の会社に入ってから初めてバスケもラグビーも見に行ったし。
地元にはグランパスもあるのに、一度も見に行ったことがない・・・
うちの会社もサポーターだからチケットは安く手に入るし、地元のサッカースタジアムで公式試合もやっているから、行こうと思ったらすぐいける距離なのにねぇ。



しかし、サッカーもそうだけどオリンピックとかやはり「自国」が戦うとなれば、話は違ってきますね。
自分の国がやっぱり勝ってほしいって心から思います。
前回も朝の3時にスタンバイしたし(途中で寝ちゃったけど・・・)、今回も11時にはTVの前でスタンバイしてみてました。
しかし、予想外だったのが、延長戦に突入したこと。
1時には終わって寝れるかなと思っていたので(^^;)
延長戦の途中までは意識があったんだけどね。
「ウッゴー!」とびっくり叫び声をあげて目が覚めたときには、パラグアイが日本ゴールに向けてシュートを放っておりました。
最初は、全然わけが分からず。
「フリーキック入れられた!!!!」ってもうショックで涙がちょちょぎれそうだったよ。
でも、余りにも普通の対応だし、アナウンサーも普通だし。
そこで初めてPKになったことを理解しました。
結果は残念でしたが、日本中が熱くなれたし、サッカーって面白いんだって、試合も長いし見ているのがつまらなくなるって思っていたけれど、1時間半がとってもとっても短く感じれました。


4年後。
期待しちゃうな。

スポンサーサイト
2010-06-30 : カテゴリ無し : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。