スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

春が来ることを

今日は朝起きて一面真っ白でびっくりです。
降っているなんて実は全然知らなかったので。
会社へはバスで行ったのですが、さすがに今日はすごい人で何本か見送りました。
明日は路面が凍ってそうだから怖いなぁ・・・



我が家にはもちろんサンタさんは来ることなく終わってしまいました。
しかも寒くて何にもする気力もなく、家で久しぶりにぼーっとテレビ見てました。
報道番組がやっていて見だしたら止まらなくて最後までずっと見てしまいました。
震災を時間で追った番組でしたが、改めて津波の恐怖を感じました。
あの場に直面した人間でなくても、津波が押し寄せる映像は怖いというべきか・・・
悲しみとか虚しさとか。
なんだかよく分からない強い感情が沸いてきて、涙がポロポロと自然とこぼれ落ちてきます。
誰かに同情しているとか、怖さとかとはちょっと違うような・・
うまくいえないけれど、人の命の叫びみたいなのがあの波に感じてしまうのかもしれません。


同じような気持ちになるのが救急車のサイレンです。
私はこの音が聴こえると涙が自然とこぼれるんです。
人前では泣かないけれど、ひとりだとダメなんです。
「生きたい、まだ死にたくない」ってつぶやく人の声が感じられるから。。



築き上げたものが奪われるのは苦しくて悔しいものです。
そこから立ち上がるのはひとりではとても困難です。
私も病気で何度もいろんなものを奪われてきたけれど、だからこそ奪われてきたものの哀しさや苦しみや憎しみや愛おしさや。
人の気持ちや本当の心の温かさを感じることが出来たのだと思います。
今の苦しみから立ち直れること、そしてだからこそきっと温かな思いやりを感じることができる。
東北の多くの人たちにも、早く暖かくて優しい春のような時間が来ることを願ってます。













[:hide:]














8周年おめでとう。
























動画見てたら切なくなってきた・・・
みんな体中傷だらけで、喘息で苦しくても、高熱でも、手術した後でも、ボンドを飲まされて死にそうになった時も。
それでも笑顔で歌って、踊って、笑っていた。
そうできたのは、仲間がいたからだと思うから。
やっぱりこんなの哀しすぎる。
今の状況がどうであれ、それでも過去は変わらないものでしょ?


なぜファンも否定するんだろう。
なんで5人は会うことすら許されないんだろう。
友達って利害関係の上にあるものなの?
認め合うことはそんなに困難なことなの?


後悔しない生き方をして欲しい。
いつか、人は死ぬんだから。
それは、明日かも分からない。
その時に、5人がそれぞれ絶対に後悔しないと言い切れるように。
スポンサーサイト
2011-12-26 : カテゴリ無し : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。