スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

犬が飼いたいんです

犬が飼いたいなぁ。
最近、時々考えちゃいます。



中学の時に、母親の友達から犬を一匹譲り受けました。
うまれたばっかりの子犬です。
何匹かいたうちで一番真っ白で小さい子犬を譲ってもらいました。
最初の日はずっとずっと「きゅんきゅん」泣いていて。
お母さんや兄弟達と離した事を可愛そうに思ったけれど、でも、そんな姿も可愛くて。
犬をはじめてかったので、どうやって育てたらよいか分からず、犬用の粉ミルクを飼ってきて溶かして飲ませて。
初めてのお散歩は全く一歩も歩かずに、ただただ私が抱いて歩いただけでした。

玄関の中だったり、車庫だったり、小屋の中だったり。
いろんなところに居座っていたよ〜。
車庫にいたときは、カミナリがなると大騒ぎして、私の新車は傷だらけにされたし(笑)
時には家の中にいれた途端にカミナリが近所に落ちて、その途端に「じょじょーーー!」とおしっこをしてたし(笑)
今、思い出してのあの瞬間は笑えます。


割と広い庭ですべて囲んであったので、時には鎖を話して庭を駆け巡らせていたらどこか小さな小さな隙間から逃げるんですよね。
必死で走って、必死で追いかけて。
犬と人間さまの攻防です。
ちくわが大好物だったので、近所中を我が家の家族がちくわを片手にみんなで走る(笑)
これまた異様な光景ですが、何度もやりましたね。


何歳まで生きていたっけかな・・
14、15歳ぐらい?
基本的には私だけがご飯も散歩もやっていたので、正直すごくしんどかったです。
散歩は仕事をはじめてからはさぼり気味のこともあったし・・・・
えさをやるのも面倒だとおもったり・・・・
夜中になぜだか吠えるのをやめずに寒いのに眠いのにずっと宥めたりするのがイヤだったり・・・・



私は本当にダメな飼い主でした。
それは死んだときに本当に本当に後悔して。
今でも思い出すのも怖いです。
私はワガママでダメな飼い主で、こんな私の元にきて本当にごめんなさいって。
死んでしまったことに対する涙ではなく、申し訳ないごめんなさいという思いがいっぱいで、苦しいぐらいに泣きました。
だから、もう犬は飼わないって決めたんです。



実家にいるときも甥っ子や姪っ子が犬が欲しいとずっと言ってましたが、おもちゃと違って死ぬまで絶対に面倒をみることの難しさが分からないうちは飼うべきじゃないっていってきました。
今でもそう思っているけれど・・・・

でも、ひとり暮らしをしてると、他に自分以外の存在が欲しくなるんだよね。
犬がいたら楽しいだろうなぁと想像すると、めっちゃ飼いたくなるんです。
今のアパートでは無理だから・・・となると、アパート引っ越してもいいかなとか(笑)
でも、ペット可のアパートってほとんどないし。
となると、やっぱりマンション欲しいなと(笑)


・・・つまり、ワンちゃんと、マンションと、それを買えるお金が欲しい!








最後に、天国に旅立ったアルちゃん。
とっても幸せだったね。
天国でパパさんを見守っていてね。

スポンサーサイト
2010-04-21 : カテゴリ無し : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。