スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

日航は立ち直るのか

「沈まぬ太陽」を読むと、これが日航の本当の姿だったのかと思い知らされます。
あれはいちよノンフィクションだけどフィクションであるという位置づけではあるのだと思うけれど、基本的にはリアルな話なのだろうなと。
どうしようもない会社経営・体質は個人の努力だけではなんともならないのも事実。
だけど、気づくのが遅すぎた。


だけど、働いてきた人達の未来はどうなるのだろうか。
確かに彼らにも責任はある。
でも、一会社の一社員として、会社の経営や体質を変えられるのかと問われればとても難しい。
しかし、弱いものから切り倒されるのだとしたら、なんともいえないですね。


明日はわが身だと感じます。
自分の会社だってもちろん100%とは言えない。
会社の規模が大きくなればなるほど、ひとつの小さなほころびが大きな炎になって襲ってくるし、日航と同じく私の会社も「お客様の命」を預かる会社であるので、信用が欠落すらばあっという間に奈落の底だし。



ただ、会社に属していて思うのは、その会社のやり方や考え方や体質を変えるのってのは本当に難しいと思う。
一番上にいた会社がどん底の一番下に属するわけだから、社員もみなお客様や他企業に対してプライドを捨てて、床に頭をつけるぐらいの覚悟がなければ本当の意味での立ち直りなんて出来ないと思う。
ずっと何十年も頭を下げられる側だったのが、自分が頭を下げていく側に立つ苦しみをこれから十二分に味わって復活をして欲しいですね。




ちょっと自分への戒めも込めて。
スポンサーサイト
2010-01-19 : カテゴリ無し : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。