スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

事業仕分け

ちゃんと毎日ニュースは見ているんですけれどね
でも、あまりブログにはいろいろ書かないようにしてます。
いろんな人がいるので、自分の考えを自分のブログに書いているのに非難する人も中にはいますし。
実際にそういうことをされたわけじゃないですよ。


最近のニュースで面白いなと思ってみていたのが「事業仕分け」です。
これって企業のプレゼンと要素が似ているなぁと個人的には思います。
会社にいるとひとつの物事を動かそうとすると、いろんな人を説得して納得しないとちょっとのいことすら簡単には動きません。
これがお金が必要なプロジェクトならばなおさら。
でも、会社もちょっと前まではこんなにナーバスじゃなかったけど。
以前は「よくこんなプロジェクトが動いていたなぁ」と思えるものがいろいろあります。
おかげで今になって迷惑しているものもあるし。
会社が上向きになっているときは、そういうものですよね。
しかし、今のような不景気状態では小さなモノをひとつ購入するにも、ましてや億単位で動くようなプロジェクトをやろうものなら、そりゃ大変。



プレゼン、プレゼン、またプレゼン。
決裁、決裁、振り出しに戻されて、また決裁。



いやぁ、大変ですよ。
会社ってところは(笑)


私は事務職なのでプレゼンをしなければならないほどのことってないのですが、それでも時々はありまして、上司に話をして、何度も何度も詰めて、練って、きっとこうくると思うから、こう返すぞとか、この数値をきっと聞かれるから調べておこうとか。
ある程度の予想をたててさらに上の上司に持っていったら、こてんぱんにやられて。
「費用対効果」という言葉がよく出てきますが、まさにそれなんですよね。
「で、これをやったらどれぐらいの工数をかけて、どれぐらいの効果があるの?」ってね。
そこがはっきり、しっかり、自分の言葉で自信を持って言わないと相手は納得しない。
たとえ今は結果が出ないことや、はっきりしないことであっても、そこも含めて言い切れる自信
とプレゼン能力が必要なんですが・・・
当たり前ですが、これはホントに慣れもあるし向き不向きもあるし。
一年に何度もあるわけじゃありませんが、毎回、胃が痛くなる思いです。



事業仕分けの良し悪しは分からないけれど、税金という国のお金を勝ち取ろうというならば、やはりただ資料を持って来てわめいていてもダメってことかなと思ったわけです。
公務員だってプレゼンしなければ、お金は動かせない。
本当に必要だと思えるのならば、やはり負けないだけの何かを持ってこないとね。
ただ1時間で結論を出すというのはあまりにも厳しいと思いますが。
あと、本当にプロジェクトを動かしたいと思っている現場の人間と訴える側(プレゼン側)とは違うってのも重いですね。
これも結構企業でもあると思います。
自分達がやりたいことが、実際にプレゼンしたり会議室で話をするのは上司だったりして、自分達の熱い想いは伝わらないというジレンマ。




「事件は会議しでおきてるんじゃない、現場でおきてんだよ!」





この言葉。
今の会社でも前の会社でも、その前の会社でも。
いっつも叫んでましたよ(笑)
すごくよく分かる言葉です。
スポンサーサイト
2009-11-15 : カテゴリ無し : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。