スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

エメラルドグリーンの川

秋の紅葉に行きたいな〜と思い会社の人から進められて「阿寺渓谷」に行ってきました。
中津川インターから19号線沿いを30分ほど走ったところにあります。
高速を使えば中津川までは1時間ほどなので、それほど遠い距離ではないのですが、こんな近くにこんなステキな場所があったなんて始めて知りました。
ものすごーく綺麗なんですよ!


観光地化は全然されてなくて、車がすれ違うのも難しいような細い山道をどんどん登っていきます。
ところどころにすれ違うために広くなっている場所があるんですけれど、タイミングが悪いと変なところですれ違ってしまうんですよね。
私は自分が運転してないのに、対向車が来るたびにドキドキして「落ちる、落ちる〜」って思いましたよ(笑)
紅葉もいい感じで進んでいて落ち葉が美しく落ちていました。




ここの特徴はとにかく水が透き通るように綺麗!!
こんなに美しい川があるなんてびっくりしました。
下流までずっと綺麗なままなんですよ。
水がところどころたまった場所はエメラルドグリーンに輝いていました。














とても静かで、水の流れる音だけが聞こえるのが心を落ち着かせます。
いつも思うけれど、日本にはまだこんな近くでも知らない美しい場所がたくさんあるんだということを感じます。
ほんの少し外を見るだけでも普段自分が見たり聴いたりできない出来事に遭遇できるのが嬉しいですね。
もっともっとたくさんの場所を見て聞いて感じることができたらと思いますが、それには体力とお金が必要なのですよね・・・
自分は体力もないので、ここまで運転してくるのは正直ちょっとしんどいです。
いつも友達に頼ってしまった申し訳ないと思うばかりです。



ここに来る前に、中津川駅前の「更科」というお店でおそばを食べてきました。
特に調べずに適当なお店に入ったので、後で知ったのですがここは本店と支店があるみたいです。
私たちが入ったのは支店なんですが、かなり年配のおばあちゃんがお店を仕切っていて可愛かったですよ(笑)
お店もかなり古いのですが、それもまた味があってよかったです。
そばは、まあ、普通かな?
一昨年「あお木」というお蕎麦屋さんに行ったのですが、ここが私的には美味しかった印象があったので行きかったけれど、日曜日休みでした(-_-;)

駅前には栗きんとんを扱う店もいっぱいあるので、複数のお店で栗きんとんをバラで購入。
他にもいろいろ栗のお菓子を買っちゃいました。
やはり秋は栗きんとんを食べないとねー!





秋を満喫できました♪












[:hide:]










どうしよう・・・
ユチョンかっこよすぎる・・・
茨城のライブではゆちょにどっぷりはまってました。
JJの髪型がいまいち私の好みじゃなかったこともあるけれど、エロボイスがたまらなくて、終わってから友達に「ゆちょに落ちた」ってメールしたぐらいに(笑)


tvxq



tvxq






泣き虫だったユチョン。
大人になったのね。

スポンサーサイト
2011-11-14 : カテゴリ無し : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

美味しいですよね
栗きんとんは高いですよね(-_-;)
地元の店舗であれば1個売りをしているので、今回も1個ずつを友達といくつか買って食べ比べをしてみたりしましたよ。
峡谷は釣り好きの会社の人から教えてもらったのですが、私たちは降りなかったけれど、降りて釣りをするそうですし、夏だと泳いだりして遊んでいる人もいるみたいです。
2011-11-16 20:15 : はるみ URL : 編集
栗きんとん
中津川と云えば有名ですね。昔お土産にもらった事があります。すごくおいしかったのを覚えています。名古屋のデパートで買うとものすごい値段が付いていました。それにしてもきれいな峡谷ですね。河原までは降りれるのでしょうか?
2011-11-15 20:30 : なおと URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。