スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

京都1日目(3月23日)・花灯路

3月23日(日)

名古屋を9時に出る高速バスに乗って京都を目指しました。
バスで2時間半。
新幹線なら1時間もかかりません。
でも値段は約半額。

いつもなら仕事の関係で休みを取れないから少しでも早くいける交通手段を使って日にちを短縮するのですが、今回はその必要がないので時間はかかっても値段が安く済む手段を選びました。
その代わりに、今回は「食事」はしっかり取るぞ!と決めてました。
結構ひとりで行くときって、お店に入るのも面倒だしそれほどお腹もすいてなかったりすることも多いので、チェーン店に入ることも多いし、コンビニで済ませることもあります。
でも今回はそれは絶対にやめてちゃんとお店に入るぞ!と決めていました。
なので、交通費を押させて食費にお金をかけたかな?


あっという間にバスは京都に到着。
駅前の「祇園ぎなな」でアイスを食べました♪
きなこ好きにはたまらん!
http://www.kyo-kinana.com/index.htm

まずはホテルに荷物を置きに。
今日のお泊りはスーパーホテルです。
安くて朝食付きなので時々利用させてもらっています。

天気も良かったのでひとりブラブラと4条方面に向かって歩きました。
とりあえずお昼でも食べようかなと思って・・・
「中華魚菜館 天」というお店でランチを頂きました。
http://www.chinese-ten.com/

880円でこの量!
さっきアイスを食べたばかりでさほどお腹は空いてなかったのですが、残したら申し訳ないと思いがんばって食べましたよ。
美味しかったです♪

お腹も満腹になったので4条あたりをブラブラしながら祇園を抜けて歩いて鴨川までたどり着きました。
しばしの間、川の流れを見ながらボーっとしてしまいました。

そのまま歩き続けて八坂神社に到着。
今日の第一目的は八坂神社を抜けたところにある「大谷本廟」です。
実はこの日は父の命日でした。
私も確かこの前後ということは覚えてましたが、昨日母に確認したところまさにこの日だったようです。
私の父と祖父母はこの「大谷本廟」に一部が納骨されています。
当時、親戚一同でバスに乗って納骨に来たのをうっすらと覚えています。

「大谷本廟」に続く道にいろいろな言葉が飾られていました。
どれもグッとくるような言葉でしたが、こういった場所で読むとさらに気持ちが増しますね。


その後も清水寺の方向に向かって歩いていきましたが、実はこの日の一番の目的は夜から始まる「花灯路」です。
その際にはまたここに来ないといけないので、とりあえず体力を温存しようと思い一旦ホテルに戻り、少し仮眠を取りました。
すでに足が痛かったので・・

http://www.hanatouro.jp/
夕方18時前にホテルを出てまずは「青蓮院」へ。

はじめてくる寺院でしたがまだ時間も早く人も少なくてとっても良かった。
夜の寺院は本当に魅惑的です。
人が多いとなんだか落ち着かないけれど、静かで暗闇の中にぽつりと浮かびあがる庭や寺はほっとします。

あまりにもホッとしたのでお抹茶も頂いてきました。

名前の通り「灯りと花路ルート」があり辺りには素敵な花がたくさんあります。
昼間もこの通りを歩いたのでお花は見ていたのですが、夜の闇に浮かび上がるとまた一層綺麗に見えます。


「知恩院」は昼間に拝観したことがありましたが、夜はまた違った顔を見せてくれます。
しかしこのお寺は坂や階段が多くて結構キツイです。
どんどん人に抜かれてました(笑)
こういう時はひとりだと相手に迷惑がかからなくていいですね。

昼間に訪れた円山公園を抜けて、いろんな寺院を見て廻りました。
高台から見る京都の町並みを見つめつつ、小雨が降る中たくさんの人が歩いてました。
でも雨だったからいつもよりは少なかったのかな?
雨も傘を持たなくてもいいぐらいのときもあったのでさほど気にならなかったし。
それよりも雨と寺院と闇と灯りがいい感じに綺麗に見えたりします。






最終地の清水寺まで歩こうと思っていたのですが、かなり疲れていたので、明日以降のこともあったので清水寺は諦めました。
四条まで戻れば夕食が食べれると思ったのですが、その気力もなく・・・
仕方なく近くで空いていたお店に入って夕飯を食べてホテルに戻りました。


バスを降りて振り返った先にあった京都タワー。
とってもステキでした・・・
スポンサーサイト
2008-03-28 : 生活 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。