スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

救急車

私の住む街は渋滞がすごいことで有名です。
私の家から10分ほどには世界有数の自動車会社があります。
その影響で私の住む街では「車」が移動の主流です。

私が子供のころにはバスも結構走ってましたが、ここまで大きな市でバスがほとんど走らない街も珍しいぐらい全くなし。
もちろん電車も同様。
車がないと生きてはいけない街です。

朝のラッシュは半端じゃありません。
もう慣れましたが、朝のラッシュ時は「我先に」って感じでとにかく隙さえあればどんどんと車が突っ込んでくる感じです。


今日、反対車線から救急車が走ってきました。
遠くでサイレンが鳴っているのは分かりましたが渋滞で身動きできないようでした。
なんとか交差点まではたどりついたものの、救急車のサイレンが聞こえないのか、交差点には次から次へと車が走っていきます。
少しも止まる気がない・・・
そんな感じです。



私はまだ救急車のお世話になったことはありませんが、自分の病気のことを考えればいつ乗ることになってもおかしくないし、いちよバッグの中には救命カードを携帯しています。
そういう自分の状況を想像すると、怖くなるような光景でした。


でも「受け入れる病院がない」と断れるのはもっと悲しい光景ですね。
命を助けるための病院が「受け入れられない」と断るんですもの。
でも、それで病院を責めているだけでは全く意味がなく、現実として産婦人科とか小児科は医師が不足しており、病院だって「診たくない」から断っているわけではないのですから、とにかく国がなんとかこの状況を変える努力をして欲しいです。


産婦人科や小児科だけでなく、私はまだ恵まれた地域に住んでいるので医師や病院が不足しているわけではなく、少なくとも1時間圏内には複数の大学病院もあるので、その辺りは安心してはいるのですが、過疎化が進む地域では深刻ですよね。
そういう怖さがあるから、この街や県から離れるのは怖い。


私たちのできることはせめて救急車のサイレンが聞こえたらすぐに車を寄せることぐらいだから、車は『音楽スタジオ』ではないのですから、最低限外の音が聞こえる状態にはしましょうね。



車の中でヘッドフォンなんて言語道断。
許せん。
スポンサーサイト
2007-08-30 : カテゴリ無し : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

地域格差
自分の病名がはっきりしているものに対してはどこかに運ばれたとしてもそれなりに処置がしてもらえるかな?と思いますが、怖いのはそうでないものに対してですよね。
マルファンも私たちのようにすでに分かっている人はまだマシで、ある日、突然倒れた場合の処置ができる病院って大都市でも少ないと思います。
結婚だったり転勤がなければずっとこの街で住み続けたいと思うのは、もちろん親しい街だからだけれど、それと同じぐらい医療の整った中核都市から離れたくないという気持ちもあるからです。
2007-09-01 22:09 : はるみ URL : 編集
死ぬしかない
奈良県に先祖代々住んでいます。この県では昔から大怪我や重病になると、まず死を覚悟しなくてはなりません。救急患者のたらい回しなど日常茶飯事で珍しくも何ともありません。県立医科大学はありますがレベルは恐らく全国最低でしょう。もちろん私のマルファンも最初に心エコーと造影CTを撮った病院でさえ病名は不明で治療する必要もなしとの診断でした。数日後この時の画像を持ち込んで見てもらった国立循環器の先生は大激怒したことは言うまでもありません。
2007-08-31 21:24 : なおと URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。