スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

人を憎む心

先日、ある人から久しぶりにメールをもらいました。
私は嬉しくて返事を書きました。
会いたいと思いました。
そういう風に思った自分がとてもびっくりしました。
でもそれを知ったら悲しむ人や怒る人信じられないという人がいるかも知れないという事実を思い、また少し心が重くなりました。

私は人が人を憎む気持ちがとてもつらいです。
「嫌い」ってのは感情として誰でも持つものだけれど、でもそれとは違うもっと強い「負の感情」を持つ人の近くにいると、自分もそうなってしまいそうで怖いです。

例えば小さい頃に親が親戚とケンカばかりしているのを見たり、祖父母と争っているのや、親戚同士で財産や名誉や介護やそういったもので揉めているのをみながら、なぜ憎みあわなければならないのか、憎むのは勝手だけれど、私の見えないところでやってくれ!!って思ってばかりいました。

誰ともでも仲良く笑顔なんて私には出来ない。
私はそんなに出来た人間じゃないし、逆にそんな人がいたら「この人の本音はどこにあるのだろう?誰もかれもが愛すべき人なんて人間なんてつまんないし、本物じゃないじゃないの?」と思ってしまうからです。
好きがあって、嫌いがあって、得意があって、苦手があって。

でもでも。。
親しい仲間だった者が憎みあい、足を引っ張りあったり、欠点ばかりをお互いに指摘しあったり。
そういうのを近くで見ていると苦しくて苦しくて。

私だって人を憎むし嫌いにもなる。
例えば大切な家族を誰かの手によって失われるようなことがあれば、自分の手を汚してでも、復讐をしたいと憎むことがあるだろう。

でも、許さなければならないときもあって、それは相手を許すことであり、自分を許すことなのかもしれないとも思う。
そうは言ってもそんなに簡単なものばかりでないのも自分の心が一番分かってるし。



でも疲れる…
早くここから抜け出したいともがいてみて、それには何かも手放して誰からも何からも言葉を聞かないのが一番だと思って逃げてはみても、やっぱり逃げられなくて。
ひとりいつまでももがいている自分から早く抜け出したい。
だから前に進まなければと思っている。
スポンサーサイト
2006-09-17 : : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。