スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

お盆だからこそ思うこと

6日から、私の周りの企業はお盆休みに入ってます。
11連休だってよ!
大企業は違うよね〜。
そういう私も去年まではそこの派遣社員だったけど、ちっともお盆休みなんか嬉しくなかったよ。
だってその11日分の給料は出ないのよ!?
一ヶ月の3分の1も休んじゃうってことは、3分の1しか給料ないんだからよ!
ただでさえ旅行やライブが詰まっているこの夏に、ボーナスは出ないし給料も下がる。
本当にツライです(涙)
でも、失業手当てにはお盆休みがなくて本当に良かったよ(笑)

私は父の実家に住んでいるので特に帰省することもなくいつものんびり。
昔ははお盆といえば親戚が来たり、逆に母の実家に帰ったりで忙しかったんですが、今はそういったこともなくなり、逆に暇な時間かな?
この時期の旅行は高いし混むので、友達と近場で遊ぶぐらいで遠出しないし。
最近は姉の家族がお盆中は来るので、掃除や買い物でバタバタしてるかな?

そういえば、うちの姉の旦那さんが始めて結婚してお盆に我が家に来たときに、仏壇のある和室で寝泊りしていたんですが、そのときに生まれて初めて金縛りにあったそうです。
しかも男の人が立っていたと…
たぶん、それはうちの父だという話になったんですが、生まれて始めての経験だったこともあり、それからは仏間では絶対に寝なくなりました。
父が亡くなってずいぶん経つけれど、私なんて夢の中にすら出てこないよ!
今年はいろんなことがあったのでちゃんとお墓参りしないといけないな。

夜、布団に入ると時々ふと「死んだ方がマシなんじゃないか」って泣くことがあります。
昨日今日のことではなくて、本当に何十年も前から何度も自分に自問自答したことです。
同じような経験がある人はいるとは分かると思いますが、本当にふと突然に何もかもが嫌になってしまうのです。
何年も忘れているときもあるし、何かをきっかけに毎晩泣く事もあるし。

その時に天国にいる父親やおばあちゃん、おじいちゃん、伯父さんの顔や、死んでしまった大好きな犬のことが浮かんだりして、「あそこに行けば私の大好きな人達に会えるんだ」って思うんです。
会いたくて会いたくて会いたくてたまらなくなるのです。
実際に会いにいったら怒られちゃうだろうけどね。
今年の2月頃はとにかくずっとそのことばかり考えてましたけど…

今日偶然、ある人の日記にこんなことが書いてあるのを見つけました。
「死んだ人間に縛られて
 生きている私達が不自由な暮らしを
 強いられてしまうのは如何な物だろうか。

 ただ、暇な時にでもたまに思い出して
 笑い話にでもしてくれれば私は十分です」

勝手に引用してしまいましたが、胸にズギュンときましたね。
私もこうでありたい。

いつか私が天に召される時には、みんなが私を思い出して「こんな面白いことあったよね」って笑いながら思い出して欲しい。
嘆き悲しまれ人を縛るような、生きている人にとって重荷になるような存在にはなりたくない。
私はそんなのは望んでない。
ちょっとした時に思い出し、みんなの思い出話の笑いの種になっていたいね。
スポンサーサイト
2005-08-08 : : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

想い出を共有すること
お盆に親戚や家族、兄弟姉妹が集まる風習ってのは、単にお参りをするだけじゃなく、その人のことを思い出しみんなで想い出を共有するためだと思うんですね。
いつだったか姉達と父親の古い写真をみながらいろいろ笑って言い合っていた時に「こうやって父親の話を言い合えるのは、最後は姉妹しかないんだよね」って言ってのがとても印象的でした。
その時に自分は姉達がいてよかったと思ったし、こうやって想い出を共有することが、父にとっては一番嬉しいのかなと思います。
涙を笑顔に変えるのは時間がかかります。
「和んだり優しくなれたり胸がいっぱいになったり」
でも、いつかそういう想い出になれるといいなと私も思います。
2005-08-09 09:08 : はるみ URL : 編集
忘れないでいること
もうお盆ですね〜。来週は混みそうなので、昨日は一足早めに母のお墓参りに行ってきました。
私は3年前に母を病気で亡くしました。言葉では言い表せないほどの喪失感に打ちのめされ、心の中にはぼっかりと穴があきました。優しい父も、兄夫婦も、親友も、彼氏でさえも、その穴を埋める事は出来ませんでした。そんな簡単に埋まるものじゃないのに、自分ではない誰かにそれを求めていたんだと思います。
自分自身が長い時間をかけて、薄い膜が少しずつ張るように、ゆっくり死というものに向き合うことが大切なんでしょうね。
母の死と、私を襲った病気と残った障害と、まるで厄年と大殺界が束になってやって来たみたいな(実際そうだった!)この数年間だったけれど。でも病気になったのが、母が亡くなった後でほんと良かった〜(人一倍心配性な母だったので…たぶん天国でたまげてるんだろうなぁ)
10年くらい前に観た〔ベルリン〕って映画で印象的な台詞がありました。
(もしわたしが死んでも)
わたしのことを思い出さないで…
思い出さなくていいから、忘れないでいて
たしかこんな感じだったかな?主演の中谷美紀ちゃん(まだ初々しくて可愛い)が言ったその言葉は、当時のほほんと過ごしてた私にずしりと残りました。
<会いたくて会いたくて会いたくてたまらなくなるのです。
<実際に会いにいったら怒られちゃうだろうけどね。
天国にいるはるみさんの大切な方たちは、この想いだけで充分満たされるんじゃないかな
ふと心に浮かぶ大切なひとに、和んだり優しくなれたり胸がいっぱいになったりする。
今は会えない大切な人と、そんな記憶を共有している自分を幸せに想いました。
2005-08-09 00:55 : ノンタ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。