スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

大事な友達’s

大人になって社会に出るとなかなか友達って出来にくいよなぁと思うよ。
1日の大半を職場で過ごしているんだから、それ以外の趣味を持たないと仕事以外の友達って出来ないしね。

私も例にもれず、社会人になってからの友達と言えばやはり職場友達です。
もうひとつはネットを通じた友達。別名スマ友(笑)
たくさんのスマ友と知り合ったけれど、結局最後に残った人はSMAP以外でもいろんな話や相談が出来る人だけどね。
そういえば、この間のスマ友達の一人に久しぶりに会った後に「『またね』って別れられるのはすごくいいよね」って台詞に感動したよ。
「またね」ってまた会えるって事だからね!!
あとは、最近では患者会を通じた友達かな。

その中でもやはり職場友達っていうのは一緒に大変な思いをしてきたり共通の友達がいっぱいいたりと、やはり大人になったからはここが主流になるのかなって気がします。
私は過去に3つの仕事をしているけれど、その中で特に大学に勤めていた時の職場仲間は私にとってはとても貴重な仲間です。
うん、友達って響きじゃないね。
仲間だよ。

10人ぐらいの同僚がいたんだけれど、全員が全員仲が良くて誰と誰が仲がよいっていうのがないんだよね。
誰かが「あそこ行こう!」と言い出したらあっというまに即実行って感じで、みんなで楽しいことをいっぱいしてきたな。
海外旅行も3年間勤めて3回みんなで行ったし。
とにかくみんな面白いこと楽しいことが大好きで、みんないいヤツ優しい人ばかりです。

私はもちろんみんなにも病気のことを話してきました。
障害者手帳を持っていることも、いつか手術をしなくてはならない現実も、もしも私が倒れたらマルファン症候群だという事を伝えて、私が持っている救命カードを提示してほしいということも言ってあります。

それでも、私は自分でその大事な仲間達を拒否してしまいました。

いつか来ると分かっていた手術を目の前にして、たくさんの壁が立ちはだかって、もうみんなと同じ事ができないかも、みんなは毎日楽しく過ごせるのに私だけこんなに苦しい思いをしないといけないこと、誰にも分かってもらえるはずない、もらいたくない……

あっという間に私は心を閉ざしてしまいました。

結局、職場仲間だけでなく、ほとんどの友達に仕事を辞めた事も手術をすることも告げられず、退院後もなんとなくみんなに悪かったなって思いがすごくあって連絡を取れずにいました。
今ならきっとあっけらかんと「手術するからみんなで毎日見舞いにきてよね!」なんていえるはずなのにね。


そのときの職場仲間のひとりにメールしたら「自分から元気だよって言わないと、みんな気を使ってメールできないんだよ」って言われました。

これから少しずつみんなに罪滅ぼしの旅にでないとな。
元気になったよって、笑顔で会える旅に。
スポンサーサイト
2005-06-09 : 生活 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。