スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

人は刻の涙をみる

「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」を見てきました。

映画がやることとか全然知らずに直前になって知ってこれは見ねば!と思い、友達を誘って行って来ましたが、周りは30代の男の人ばかり…。
女の子はいなかったなぁ。

私はもともと「キャンディキャンディ」とか女の子がいかにもみるようなアニメよりも、戦闘ものや編隊ものなんかの方が好きだったんです。
女3人姉妹なのにね。
特に「Zガンダム」は私の中では特別な存在です。
初代ガンダム世代じゃなかったんで、たぶん初代は再放送とかで見たと思います。
当時としてはすごいよね。
ただの、戦闘ものでは収まらない枠であってストーリー性もモビルスーツという考え方も本当にすごいと思う。

「Zガンダム」は初代を好きなひとにとっては複雑すぎて面白くないという声も聞いたことがあるけれど、私も最初はあのカミーユの独特の性格と暗さについていけなくて嫌いでした。
でも、彼のあの優しさが逆に闘うことの辛さも教えてくれるようで、あっという間にストーリーに引きずられました。

でも、今回の「星を継ぐもの」は第一章なので、まだそこまでいかないけどね。
アムロとシャーが出会ったぞーー!ってなところで終わっちゃうんだけれど、「おいおい!もう終わりかよ!!」って時間を感じさせなかった。
まだ見たいぞー!!
特に、第二章の「恋人たち」はかなり気になる。
ここからフォーが出てきて、哀しい哀しい物語が始まるんだよなぁって思い出したよ…。
Zは本当にストーリーが切なかった。
もう20年も前だからかなーーり忘れているけれど、とにかく最後にカミーユが精神崩壊をすることも含めて、結局はZガンダムの場合はどっちが勝ってどっちが負けたってのがなくて、誰もがみんな傷つき死んでしまったっていうイメージが残って、子供心にものすごく衝撃的だったな。
普通の戦い者にはかなり「善と悪」があって「勝ち負け」があるはずなのに、闘うことの虚しさと哀しさがZにはあったと思います。

オープニング&エンディングのGacktの歌もストーリーに合っていて良かったです。ちょっと始まりと終わりはいろいろ思い出して泣けそうになったもん。
Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤)の画像
Metamorphoze~メタモルフォーゼ~(限定盤) Gackt

ここまでの話は、ガンダムに興味がない人には「全然意味がわからん」と言われますね。
でも、難しすぎるので本編を見たことがない人が映画だけみても「まーーーたく」分からないと思います。
当時、本編を見ていた私ですら人間関係も複雑だしストーリーに付いていくのに必死だったもん。
でも見てちょっともっと知りたいなって思ったらビデオを見たりするきっかけになるのもいいかなと思ってます。
当時見ていた人にとっては20年前とは思えない日本の誇る質の高いアニメにほれ込み、今なら働いてある程度お金もあるからDVDボックスとかそろえちゃおうか!?などという誘惑に負けそうになります(笑)

とにかくとにかく。
10月公開の第2弾が待ち遠しい。
あまりにも待ち遠しくてレンタルして全巻みちゃいそうな勢いです(笑)
スポンサーサイト
2005-06-06 : カテゴリ無し : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

はるみ

Author:はるみ
さまざまな病気を持った人間もそれぞれが自由に明るく、時にはいろいろな事に悩みながらも生きてることを『共有』したいと思っています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

訪問者数

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。